~ライン情報マガジン~

LINE を使って業績を上げる。 LINEというビジネスツール

LINE の『 友だち検索 』を使えば、日本の有名企業が LINE での利用をしていることがひと目で分かります。

 

 

ここで断言しましょう。

 

 

今や LINE はただのメッセージツールではなく、ビジネスに必須のビジネスツールです !

 

 

現在、 LINE の公式アカウントを取得している会社は膨大です。

とくに大手コンビニである「 ローソン 」を友だちに登録している方は 500 万人を超えているのだとか。

 

 

最初は企業の無料スタンプを目的に、友だちに追加していた人も。

企業から届くタイムリーな情報を使って、お得に買い物をしたりしていることが言えるようです。

SPONSORED LINK

実際に LINE ユーザーは企業のメッセージを見ているのか ?

 

企業側にとって、気になるのが LINE ユーザーの動きです。

 

いくら広告を打っても、見た人が行動を動かしてくれなければ、その効果はありません。

 

 

しかし、ある会社のアンケート結果では企業アカウントから送られたメッセージに対して「 読む 」という方が 60 パーセント以上いるという結果が出たそうです。

 

そのうち「 送られてきた URL を踏む 」とこたえられた方が 27 パーセント。

メッセージにより「 商品やサービスへのを理解した 」と回答された方が 17 パーセント近くいた、という結果になりました。

 

 

これは雑誌や、Web上の広告よりも『 見られる 』という効果が高いといえるでしょう。

 

 

また、この結果から言えることは LINE のユーザーはメッセージを見るだけでなく、企業が欲しい『 アクション 』を起こしやすいということが言えるのかもしれません。

 

 

 

なぜ LINE が ? ユーザー目線からの理由

 

フェイスブックやツイッターなどの SNS ツールがある中で『 なぜ LINE なのか ? 』という疑問が出てきます。

 

 

  LINE が効果あるビジネスツールである理由のひとつは、その利便性にあると言って良いでしょう。

 

 

スマートフォンさえあれば、いつでも、どこでも使うことができる LINE はそれだけ便利です。

 

また、若者の『 既読疲れ 』に代表されるように、企業がターゲットにしやすいユーザーの多くは、 LINE のメッセージを確認する習慣が根付いています。

 

 

これは『 タイトル 』だけで削除されてしまうフェイスブックのメッセージや、スパムメール扱いされてしまうメールでのマーケティングよりも『 広告効果 』としての機能は高いと考えられます。

 

 

それに、広告としてのスピードも高く。

チラシのように「 本日全品半額 ! 」というタイムリーなメッセージを送ることもできるため、 LINE のビジネスツールとしての利用方法は広いと言えるでしょう。

 

 

 

お店単位での LINE アカウントも取れる

 

通常であれば資本力のある企業しか、こういったサービスを受けることができませんでした。

 

しかし、現在は『 LINE@ 』というサービスを使えば、個人の飲食店から地元のスーパーまでタイムリーな情報を LINE ユーザーに送ることができるのです。

 

 

「 でも、お高いんでしょう…… 」となりがちなお店単位の広告ですが、 LINE@ なら初期費用は 0 円。

 

有料プランに申し込んでも 5400 円とチラシなどのポスティング費用と考えても破格の金額です。( ※ 2015年 1月現在 )

 

 

公式アカウントの場合は最低 800 万円も必要となることを考えると、このサービスは資本力がない店舗や個人にとって、利便性の高いサービスです。

 

 

 LINE@ の場合は友だち上限数が 1万人と決められていますが、都心以外の地方であれば、1万人のユーザーにタイムリーな情報を届けることができるサービスは貴重でしょう。

 

 

スーパーであれば毎月のチラシ配りにかかる費用すら、 LINE を使うことによって大きくコストを抑えることができるのです !

 

 

 

『 とりあえず 』のビジネスツールとして効果が高い LINE

 

通常、広告のサービスはとてもお金がかかってしまいます。

 

フリーペーパーや、新聞の折込チラシを利用する場合と、 LINE を使っての広告を考えるとその金額は遥かに安いです。

 

 

また、その情報を観覧したユーザーがアクションを起こしやすいことを考えると LINE を『 とりあえず 』のビジネスツールとして利用しようとされる方は増えてくることが予想されます。

 

初期費用、継続コスト共に安い LINE のサービスを、ぜひアナタの会社でも導入されてみてはいかがでしょうか ?

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!

LINEで誤送信しちゃった!みんなのおもしろ体験談22選
こんにちは、テラ別府です。今日は読者の皆さまから募集した「LINEで誤送信をしちゃった!みんなのおもしろ体験談」を紹介します。他のサイトからコピペしてきたエピソ...
LINEポイント(旧コイン)を無料で貯める方法
LINEポイント(旧コイン)を無料で貯める方法ってあるの?LineSearcherマネージャーのサクランボです。 「LINEポイント(旧コイン)を今まで課金してチャージして...

益田の笑顔アイコンこの記事を書いたライター
益田マスター


 


LINEポイントが無料?
詳細は画像をタップ

緑の矢印画像。

 



この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

特別企画

こちとら自腹じゃ!のバナー画像。

ウケるスタンプ発掘局

『設定』の部分をタップするイメージ画像ツムツム100万点への道のバナー画像。

Facebook公式ページ

Twitter公式ページ

カテゴリー

Ninja Tools

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.