~ライン情報マガジン~

LINEを上手く活用して倦怠期を乗り越えよ! マンネリ解消方法

2018.01.28

LINEを上手く活用して倦怠期を乗り越えよ! マンネリ解消方法

倦怠期だからと言って、交際を続けることを諦めてはいけません。うまくLINEを活用してゆけば、倦怠期を乗り越えることは充分可能です。では、倦怠期を乗り越えるためには、どのようにLINEを活用してゆけばいいのでしょうか。

SPONSORED LINK

定期的にLINEを送る

定期的にLINEを送る

定期的にLINEを送ることは、交際を続けてゆくうえでは、基本中の基本のことですね。ただし、交際期間が長くなると、そんな「定期的なLINE」も疎かになってしまいがちです。倦怠期ともなってしまうと、数文字のLINEを送ることすら、面倒に感じてしまいますよね。もちろん、彼氏と別れたいと考えているのなら、わざわざ面倒なLINEなど送らなくてもいいでしょう。

しかし、これからも交際を続けてゆきたいと考えるのなら、「定期的にLINEを送ること」は大変重要です。

面倒な気持ちを抑えてでも、きちんとLINEを送る

確かに、倦怠期ですと、数文字のLINEを送ることすら、面倒に感じてしまいます。しかし、そんな「面倒な気持ち」を我慢してでも、LINEは送るようにしましょう。

「LINEを送ること=仕事」と捉えてみてはどうでしょうか。仕事であれば、面倒なことであっても、きちんと行いますよね。「LINEを送ること=仕事」と捉えれば、面倒なLINEもきちんと送ることができるはずです。

ただし、彼氏には、「LINEを送ること=仕事」と捉えていることは、気づかれないようにしてください。仮に、「LINEを送ること=仕事」と捉えていることが気づかれてしまったら、今後の関係にさらにヒビが入ってしまうでしょう。

LINEの話題は他愛のないものでOK

例えば、近況報告・おいしかった料理・考えていることなど、LINEの話題は他愛のないもので構いません。また、後述いたしますが、「次のデートについて」もLINEの話題には最適ですよ。

倦怠期を乗り越えるためには、定期的にLINEのやり取りをすることに意味があるのです。ただし、重い内容のメッセージは、「本当に送るべきか」と考えてから送りたいですね。

例えば、倦怠期であるのにもかかわらず、「本当に私のこと好きなの?」なんて重い内容のメッセージを送ってみてください。「面倒な女だな」と思われて、印象が悪くなってしまう可能性は高いでしょう。

LINEメッセージの最後は疑問系にする

倦怠期である場合、彼氏も倦怠感を感じている可能性が高いですね。つまり、彼氏もLINEを送ることを面倒に感じている可能性が高いのです。そのため、「返信しやすいLINEメッセージ」を送ることが重要です。

では、「返信しやすいLINEメッセージ」とは、どのようなものなのでしょうか。答えは「疑問系のメッセージ」です。あなたも経験があると思うのですが、やはり「疑問系のメッセージ」が送られてくると、返信しやすいものですよね。もちろん、彼氏にLINEを送る際には、自分のことも伝えたいことでしょう。しかし、LINEメッセージの最後は、疑問系にするようにしてください。

「次のデート」はLINEの話題に最適

「次のデート」はLINEの話題に最適

「次のデート」の話題を、LINEでは積極的に取り入れてゆきましょう。「次のデート」の話題は、意外と尽きないものです。また、「デートの話題」は、2人でしか楽しめない特別な話題ですよね。お互いに、交際していることを認識し直すためにも、「次のデート」の話題は最適なのです。

倦怠期であっても、デートを疎かにしてはいけない

まず、倦怠期であっても、デートを疎かにしないでください。確かに、倦怠期ですと、お互いに会うのも億劫に感じられるものです。しかし、会う期間が空けば空くほど、心の距離は離れやすいものです。

これからも交際を続けてゆきたいのであれば、倦怠期であっても定期的にデートをすることが大切なのです。そして、せっかくデートをするのですから、「次のデート」をLINEの話題に取り入れてゆくようにしましょう。

「次のデート」で行きたい場所などをLINEで決めてゆこう

「デートでどこに行くか」は、確実にLINEで決めたいですね。なにも計画を立てずにデート当日を迎えてしまうと、「どこも行くところがない」という状況になりがちです。

「どこも行くところがない」という状況になってしまうと、デートの雰囲気は最悪になってしまうでしょう。これでは、今後の関係にヒビが入りかねません。なるべく楽しく充実したデートにするためにも、「デートでどこに行くか」は、確実に決めてゆきたいのです。

URLや画像を共有すると、LINEが盛り上がりやすい

例えば、「行ってみたいレストラン」があるとしましょう。この場合、ほとんどの人は、「○○っていう人気のレストランがあるんだけど、今度のデートで行ってみよう?」という感じに、文章のみで伝えるんですよね。しかし、この場合は、文章に加えてURLや画像をLINEで共有することをオススメいたします。

例えば、「行ってみたいレストラン」があるのなら、「行ってみたい」という気持ちを伝えるとともに、「行ってみたいレストラン」のURLや画像をLINEで送るのです。このようにすることで、より具体的に、「次のデートで行く場所」を知ることができます。そして、お互いに「次のデートで行く場所」を具体的に把握することができれば、LINEで盛り上がってゆくこともできるはずです。

「次のデート」の話題は、なるべく早い段階で振ろう

デート直前になったのにもかかわらず、「次のデート」の計画があまり立てられていないと、焦ってしまいがちです。また、待ち合わせ場所や待ち合わせ時間すら決まっていないと、かなり焦ってしまうことになるでしょう。

そのため、「次のデート」の話題は、なるべく早い段階で振るように心がけてください。「次のデートをすること」が決まった時点で、話題を振るくらいの意気込みでいるといいですよ。

基本的にはすぐにLINEを返さない

基本的にはすぐにLINEを返さない

基本的には、すぐにLINEを返さないように心がけてください。倦怠期ですと、LINEのメッセージを作ることを面倒に感じてしまいますよね。

だからこそ、なるべくLINEのメッセージを作る機会を減らすためにも、すぐにLINEを返さないことが重要なのです。ただし、「緊急を要する」「彼氏の返信頻度が高い」など、状況によってはすぐにLINEを返したほうがいい場合もあるので注意が必要です。

返信頻度を低くすれば、LINEのしがらみから逃れられる

言うまでもなく、LINEの返信頻度が低ければ低いほど、LINEのメッセージを作る機会は減りますよね。LINEのメッセージを作る機会を減らすためにも、LINEの返信頻度を低くすることは大変重要なのです。

LINEを早く返してしまうと、自分を苦しめることにもなりかねないと言うことです。なるべく、ストレスを感じることなくLINEのやり取りを進めるためにも、返信頻度には気をつけるようにしてください。

話題やメッセージもじっくりと考えることができる

返信頻度を低くすることで、話題をじっくりと考えることもできますね。また、返信頻度を低くすれば、メッセージ自体もじっくり考えることができるでしょう。

例えば、返信頻度が半日に1通程度であるとしましょう。この場合、12時間(半日)かけて、話題やメッセージを考えることができるということです。

倦怠期ですと、LINEのメッセージを考えるのが面倒なものです。しかし、返信頻度が低ければ、LINEのメッセージを考えるのが面倒であっても、きちんとしたメッセージを送ってゆくことができるはずです。

ただし遅くとも24時間以内には返信するように

「LINEの返信は遅くとも24時間以内にしたほうがいい」というのが、私の経験上の考えです。「LINEはすぐに返さない」と言っておきながら、「LINEは遅くとも24時間以内に返信するように」なんて言っているわけですから、矛盾しているようですよね。

ただ、やはりLINEは遅くとも24時間以内には返信してもらいたいのです。「倦怠期においては、すぐにLINEを返してはいけない。ただし、遅くとも24時間以内にLINEを返すこと」と覚えてください。実際に、私も昔は「倦怠期にはLINEはすぐに返さない」という考えのもとに、数日程度LINEを返さなかったこともあるんですよね。

しかし、数日程度LINEを返さない関係になると、ほとんどの場合は破局してしまいました。一方で、「倦怠期でも24時間以内にはLINEを返す」を実行したあとは、破局率が下がってきているのです。おそらく、数日程度もLINEが返ってこないと、彼氏側の大半は「そこまで俺とは付き合いたくないんだな」とネガティブな感情になるはずです。だからこそ、これからも交際を続けてゆきたいのなら、24時間以内には返信するようにしてください。

彼氏の返信頻度も把握しておくことが大切

「LINEはすぐに返さない」と申してきましたが、彼氏の返信頻度に合わせることも大切です。

例えば、彼氏からの返信頻度の平均が1時間だとしましょう。それなのにも関わらず、あなたの返信頻度の平均が12時間だと、どうでしょうか。おそらく、彼氏側は「なんで返信が遅いんだ?」「もう付き合う気はないのか?」と思うはずです。

基本的には、すぐにLINEを返さないことが大切です。しかし、彼氏の返信頻度が高いなど、状況によっては返信頻度を高める必要が出てくることもあるのです。

LINEでは写真なども共有する

LINEでは写真なども共有する

どうしても、交際期間が長くなってしまいますと、LINEが面倒に感じられます。特に、倦怠期ですと、よりLINEが面倒に感じられることでしょう。しかし、交際を続けてゆきたいのであれば、LINEを続けてゆくことが大切です。

LINEの基本は、メッセージのやり取りですね。メッセージを送受信することが、LINEの基本であるはずです。ただ、LINEでは写真などを共有できることを忘れてはいけません。どうしても、LINEメッセージだけのやり取りですと、単調さを感じてしまいがちです。

しかし、メッセージのみならず、写真などを共有し合えば、よりLINEで倦怠期を乗り越えられる可能性を高めることができるのです。

LINEではさまざまなことを共有できる

自分で撮った写真・URL・動画など、LINEではさまざまなものを共有することができます。そして、さまざまなものをLINEで共有することで、LINEのやり取りに覇気を出させることができるでしょう。

ぜひ、「LINEで写真などを滅多に共有しない」という人は、考えを改めてみてください。きっと、新たな発見が生まれて、彼氏の「いい部分」が見えてくることでしょう。

近況報告では写真を送ると親近感を抱かせやすい

カップル同士であれば、多かれ少なかれ、近況報告をするはずです。そんな近況報告では写真も一緒に送ると、親近感を抱いてもらいやすいでしょう。

例えば、観光ガイド本を思い浮かべてみてください。メッセージだけで観光地の紹介をされると、なんとなく重苦しい気持ちになりますよね。一方で、写真とメッセージを併せて観光地の紹介をされると、親近感を抱くことができるはずです。

このように、やはり近況報告においても、写真とメッセージを併せたほうが、親近感を抱かせやすいのです。作った料理・遊びに行った場所など、なんでも構いません。ぜひ、近況報告の際には写真も送って、親近感を抱かせるように心がけてみてください。

動画なども積極的に共有してゆこう

例えば、YouTubeの動画なんかも、LINEで共有することができますよね。せっかくですから、共有できるものは積極的に共有してゆきましょう。

例えば、「おもしろ動画」「かわいい動物の動画」などを共有してみてはどうでしょうか。もちろん、動画などを共有することで、新たな話題を作ることもできることでしょう。

LINE通話をする

LINE通話をする

また、倦怠期であるのなら、LINE通話も積極的に活用してゆくようにしましょう。お互いの声を聞きあうことで、お互いの存在を認識し直すこともできるでしょう。確かに、倦怠期ですと、LINE通話をするのも面倒に感じられるかもしれません。

しかし、今後も交際を続けてゆきたいのなら、LINE通話を活用してゆくことは大変重要です。

数分程度の会話でもいいので、LINE通話を活用する

長々とLINE通話をする必要はありません。数分程度の会話でもいいので、LINE通話を取り入れるようにしてください。また、LINE通話の話題も、なんでも構いません。

例えば、「今日は仕事で疲れたよ~ ○○くんは定時に帰れてる?」程度の会話でも問題ないですよ。

倦怠期においては、LINE通話をして、お互いの存在を認識し合うことに意味があるのです。気負うことなく、気軽にLINE通話をしてみることをおススメいたします。

特にデートの頻度が低いカップルは、LINE通話を多く活用しよう

デートの頻度が低いカップルは、よりLINE通話が重要であると考えられます。定期的にデートができるカップルであれば、定期的に会話をすることができますね。

一方で、定期的にデートができないカップルの場合、LINE通話や電話を活用しなければ、定期的に会話をすることができなくなってしまいます。倦怠期であるのにもかかわらず、定期的に会話すらできないと、別れにつながってしまう可能性はかなり高いですよ。

だからこそ、デートの頻度が低いカップルは、LINE通話を多く活用するように心がける必要があるのです。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!

LINEで誤送信しちゃった!みんなのおもしろ体験談22選
こんにちは、テラ別府です。今日は読者の皆さまから募集した「LINEで誤送信をしちゃった!みんなのおもしろ体験談」を紹介します。他のサイトからコピペしてきたエピソ...
LINEポイント(旧コイン)を無料で貯める方法
LINEポイント(旧コイン)を無料で貯める方法ってあるの?LineSearcherマネージャーのサクランボです。  「LINEポイント(旧コイン)を今まで課金してチャー...

テラ別府の笑顔アイコンこの記事を書いたライター
テラ別府


LINEポイントが無料?
詳細は画像をタップ

緑の矢印画像。

 



この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

特別企画

こちとら自腹じゃ!のバナー画像。

ウケるスタンプ発掘局

『設定』の部分をタップするイメージ画像ツムツム100万点への道のバナー画像。

Facebook公式ページ

Twitter公式ページ

カテゴリー

Ninja Tools

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.