LINEで既読無視をストレスフリーで上手に活用する方法

LINEで既読無視をストレスフリーで上手に活用する方法

どうしても「既読無視」と聞くと、ネガティブなイメージを抱いてしまいますよね。しかし、既読無視を上手に活用することでストレスをあまり感じることなく、LINEのやり取りを進めることができます。

では、既読無視の上手な活用とはどのような方法なのでしょうか。

SPONSORED LINK

「返信不要」だと感じたら、自信を持って既読無視にする

「返信不要」だと感じたら、自信を持って既読無視にする

既読無視に対してネガティブなイメージを持っている人は多いことでしょう。おそらく多くの人は「できれば既読無視はしたくない」と思っているはずです。そして、多くの人は既読無視をする際には後ろめたさを感じることでしょう。しかし、ときには自信を持って既読無視をすることも大切です。

特に、「返信不要」だと感じるメッセージが来た場合、自信を持って既読無視をすべきなのではないでしょうか。

「返信不要」であるのなら、返信をする必要はない

当たり前ですが「返信不要」のメッセージには返信をする必要がありません。「返信不要」のLINEが来た場合でも、既読無視をすることに後ろめたさを感じる人は多いものです。何となく「既読無視=悪いこと」というイメージが成り立っていまからね。

しかし、やはり「返信不要」だと感じるLINEには、既読無視をして問題ないでしょう。そもそも、「返信不要」だと感じるLINEに対して、毎回のように返信をしていては疲れてしまいますよね。また、「返信不要」だと感じるLINEに対してはなかなか返信の文章が思い浮かばないものです。

だからこそ、「返信不要」だと感じるLINEに対しては、自信を持って既読無視をしてみてください。きっとスーッと心が晴れてストレスが減ってゆくことでしょう。

「返信必要」だと感じたら、時間を決めて既読無視にする

「返信必要」だと感じたメッセージには返信をしてゆかなければいけません。仮に返信をしなかったら、今後の関係にヒビが入ってしまうかもしれませんからね。

ただ、「返信必要」だと感じたメッセージであっても返信が面倒なこともあるでしょう。内容によっては「返信必要」だと感じたメッセージであっても既読無視をしてもいいものですよ。

むしろ、既読無視をすることで、ストレスを感じにくくLINEを楽しむことができるはずです。「返信必要」である場合、できればすぐに返信をしたいが…

  • 「趣味って何なの?」
  • 「今日は暑いけど体調大丈夫?」
  • 「来週の日曜日は空いてない?」

などといったLINEは「返信必要」なメッセージだと言えるでしょう。基本的に、質問系のLINEは「返信必要」なメッセージになりますね。

  • 「は~ 疲れた…」
  • 「転職しようかな…」
  • 「気温が高すぎるよ~」

など、質問系のLINEでなくても「返信必要」なメッセージである場合もありますけどね。

「返信必要なメッセージであるか」を見極める能力は既読無視を活用する上で重要になってきます。

できれば、「返信必要」なメッセージに対してはすぐに返信をすべきでしょう。やはり、すぐに返信が来たほうが送った側は嬉しいですからね。

「返信必要」なメッセージを既読無視にするのなら時間を決めておく

ただ、「返信必要」なメッセージを既読無視にしておきたいこともあるでしょう。この場合は「時間を決めて既読無視にする」という方法をとってください。

仮に、「返信必要」なメッセージをずっと既読無視にしておいたら、どうでしょうか。「返信必要」なメッセージを送った側は「何で返信が来ない?」と疑問を感じますよね。

やはり、「返信必要」なメッセージに対してはいずれ返信をしなければいけないわけです。だからこそ、「時間を決めて既読無視にする」という方法をとることが大切です。

遅くとも、24時間以内には、返信をしておきたいですね。24時間を超えて既読無視を続けてしまうと、「遅い」と感じられてしまう可能性が高いですよ。

既読無視を責められたときの言い訳3選

既読無視を責められたときの言い訳3選

「既読無視をしたこと」を、責められることがあるかもしれません。ただ、責められたとしても上手に言い訳をすれば、その場を逃れることは可能です。

ここからは既読無視を責められた際に使えるオススメな言い訳を3つ紹介いたします。やはり、既読無視を責められたときの言い訳を用意しておくと、自信を持って既読無視をすることができるものですよ。

<1>「返信は必要ないと思った」

既読無視を責められたときに「返信は必要ないと思った」という言い訳は大いに活用することができます。「何で既読無視する?」→「返信は必要ないと思ったから、既読無視になっちゃった…」といった感じにですね。

また、「返信は必要ないと思った」という言い訳は、何度でも使うことができるでしょう。

ただし、明らかに「返信必要」なメッセージが送られてきた場合は「返信は必要ないと思った」という言い訳は使うことができません。

例えば、「来週の日曜日は空いてない?」というメッセージが送られてきたとしましょう。「来週の日曜日は空いてない?」は明らかに「返信必要」なメッセージですよね。

それなのにもかかわらず、既読無視の言い訳として「返信は必要ないと思った」なんて言っても全く説得力はありません。つまり、「返信は必要ないと思った」という言い訳は明らかに「返信不要」なメッセージが送られてきた場合にのみ使うことができるのです。

<2>「忙しかった…」

「忙しかった…」と言っておけば、あまり責められることはありません。あなただって「忙しかったから…」と言い訳されたら、責めることはできないでしょう。まさか「仕事をセーブしてまで自分のために時間を作れ」なんて思いませんよね。

このように、「忙しかった…」という言い訳も既読無視を責められた際には大いに活用することができるのです。また、「返信必要」なメッセージが送られてきた場合でも「忙しかった…」という言い訳を使うことはできますよね。

ただ、「忙しかった…」という言い訳のみですと、抽象的に感じられるかもしれません。特に、何度も「忙しかった…」と言っていると「またかよ?」と思われかねませんからね。そのため、「忙しかった…」という言い訳を使う場合は具体的を意識するといいでしょう。

「事務作業が長引いて、終電間際まで仕事が続いたんだ… だから返信できなかった。」という感じにですね。

このように「忙しかった…」という言い訳を具体的にしてみると、説得力を高めることができるでしょう。

<3>「スマホが故障してた」

究極に説得力のある言い訳が「スマホが故障してた」というものです。スマホが故障している場合はどれだけ頑張っても返信することができません。したがって、「スマホが故障してた」はかなり説得力が高い言い訳になるのです。

ただ、何度も「スマホが故障してた」という言い訳を使うことはできませんよね。やはり、スマホが壊れることなんて滅多にありませんからね。

何度も「スマホが故障してた」という言い訳をしていると、「そんなにスマホが壊れるわけない」と懸念されてしまいます。そのため、「スマホが故障してた」という言い訳はいざというときに残しておくことをオススメします。

「既読無視→返信忘れ」を防ぐ方法3選

「既読無視→返信忘れ」を防ぐ方法3選

既読無視をすると、どうしても返信忘れをしてしまうものです。実際に「既読無視をして数時間後に返信しようとしたが、そのまま何日も返信を忘れてしまった」なんて話はよく聞きますよね。

言うまでもなく、返信忘れをしてしまうと、関係にヒビが入りかねません。ここからは、そんな返信忘れを防ぐ方法を3つ紹介してゆきます。

<1>手帳に「返信すること」をメモしておく

手帳に「返信する」といった具合にメモしておけば、返信忘れを防ぐことができるのではないでしょうか。できれば、LINEが来た時間も手帳にメモしておきたいですね。そのようにすれば、24時間以内の返信を実現することもできるのではないでしょうか。

ただ、手帳を定期的に見る機会がない人は手帳に「返信する」とメモする方法をとるべきではありません。数日後に手帳を見返しているのでは返信がかなり遅れてしまいますからね。

定期的に手帳を見る人のみ、手帳に「返信する」とメモする方法をとるべきなのです。

<2>スマホのアラーム機能を使う

スマホのアラームが鳴れば、誰でも気づくことができますよね。そのため、返信忘れ対策としてスマホのアラームを使うことも有効な方法となります。

例えば、「既読無視はするが今日の18時には返信しよう」と考えたとします。この場合は「今日の18時」にアラームをセットしておくのです。これで確実に返信忘れを防ぐことができますね。

また、アラームのタイトルを決められる場合は、設定しておきましょう。例えば、「LINEの返信」という具合にアラームのタイトルを設定しておけば、アラームがなった後に効率よく返信作業に取り掛かることができるでしょう。

<3>「返信作業」をルーティン化する

返信作業をルーティン化することも返信忘れ対策となります。つまり、返信作業をする時間を決めておくということですね。

例えば、「朝食後と夕食後にLINEの返信をする」と決めておいたらどうでしょうか。この場合、朝食後と夕食後にLINEの返信をするわけですから、返信忘れを防ぐことができるはずです。

また、朝食後と夕食後にLINEの返信をすると決めておけば、確実に24時間以内の返信を実現させることもできますよね。もちろん、ルーティン化した返信作業自体を忘れては意味がありませんが…

「毎日ルーティンをこなすことができる!」という人は返信作業をルーティン化することも1つの手ではあるでしょう。

急用メッセージにはすぐに返信するクセをつける

急用メッセージにはすぐに返信するクセをつける

男女交際をしていると、急用メッセージがLINEで来ることもあるでしょう。例えば、「今から会える?」といった具合にですね。このような急用メッセージにはすぐに返信をしなければいけません。

つまり、いくら面倒であるとしても急用メッセージを既読無視してはいけないのです。

急用メッセージを既読無視すると信頼されなくなる

  • 当日中のお誘いのLINE
  • 体調が悪いといった内容のLINE
  • 待ち合わせに遅刻するといったLINE

などが、急用メッセージといえるでしょう。つまり、急用メッセージとは「すぐに返信すべきLINE」ですね。このような急用メッセージを既読無視してはいけません。

言うまでもなく、急用メッセージを既読無視してしまうと、信頼にヒビが入りかねませんからね。いくら面倒であるとしても関係を維持したいのであれば、急用メッセージにはすぐ返信すべきなのです。

短文でいいので急用メッセージにはすぐ返信をする

急用メッセージが送られてきた場合は基本的には短文の返信で問題ありません。例えば、「今日デートしよ!?」といった内容の、急用メッセージが送られてきたとします。

この場合は、「いいよ! 何時に待ち合わせる?」といった具合の短文メッセージで問題ありませんよね。このように、急用メッセージへの返信は短文で問題ことが大半なのです。

だからこそ、急用メッセージが来た場合は既読無視をしようとしないでください。そして、「短文でいい」という気持ちですぐに返信してしまいましょう。

LINE通話を活用するのもアリ!

「急用の場合は通話をして」と言っておくのもいいでしょう。通話であれば、文章を打つ手間が省けます。そのため、急用のときであっても、確実に自分の気持ちを伝えることができるでしょう。

ただ、それでも、急用メッセージが来ることはありますよ。例えば、体調が悪いときなんかは通話をする気力がないこともありますよね。そのようなときは「体調が悪いから看病に来て…」とメッセージが来ることもあるでしょう。

急用メッセージがくる可能性があるからこそ、「急用メッセージが来たらすぐ返信する」という行動は実現できるようにしてください。

まとめ

既読無視を上手に活用してゆけば、ストレスをあまり感じることなく、カップル関係を維持してゆくことができます。この記事では、そんなカップルの関係維持における、既読無視の活用方法を提案してゆきました。

必ずしも既読無視は悪いことではありません。いくらカップルであるとしても自分の時間は大切なわけですからね。やはり、自分の時間を大切にするために既読無視をすべき状況もあるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にして上手に既読無視を活用していってください。

サザンクロスの笑顔アイコンこの記事を書いたライター
神聖十字(サザンクロス)


テラ別府の笑顔アイコンこの記事を書いたライター
テラ別府