実は束縛かも!?束縛認定されるLINEのやり取りとは

実は束縛かも!?束縛認定されるLINEのやり取りとは

束縛だと思っていなくても、あなたのLINEが束縛認定されているかもしれません。もし、束縛認定をされてしまったら、今後の関係にヒビが入ってしまうかもしれませんね。では、束縛認定されるLINEとは、どのようなものなのでしょうか?

SPONSORED LINK

LINEの返信頻度が高い

LINEの返信頻度が高い

自分が好む「返信頻度」と、相手が好む「返信頻度」は、違う場合があります。

もし、相手が「LINEは遅めに送りたい」と考えているのにも関わらず、「LINEを早く返さなければいけない状況」に追い込んでしまったら、どうでしょうか。もしかしたら、束縛につながってしまうかもしれませんよね。

返信頻度が高い場合は、焦らせてしまっている可能性もある

人間というものは、相手に合わせようとしますよね。そのため、LINEの返信頻度が高い人へは、「早くLINEを返さなきゃ…」と思うものです。

例えば、あなたが高い頻度で、LINEを返信しているとします。この場合は、相手も「早くLINEを返さなきゃ…」と思っている可能性が高いのです。もちろん、「LINEを早く返したいスタイル」の人も、たくさん存在します。このような人であれば、ストレスなく早くLINEを返してくれることでしょう。

一方で、「LINEをゆっくり返したいスタイル」の人も、たくさん存在するものです。もし、「LINEをゆっくり返したいスタイル」の人が返信頻度が高い人とやり取りをしたために、「早くLINEを返さなきゃ…」と思ってしまったらどうでしょう。もしかしたら、焦ってしまうかもしれませんよね。そして、束縛を感じてしまうこともあるかもしれません。

束縛認定をされないためには、「相手が望むLINEのペース」を把握してください。そして、「相手が望むLINEのペース」に合わせた返信頻度を守ることが大切です。

特にどうでもいい話題の返信頻度には要注意

LINEのやり取りにおいて、「どうでもいい話題」を送り合うこともあるでしょう。例えば、他愛のない会話や近況報告などは、「どうでもいい話題」になりやすいのではないでしょうか。「どうでもいい話題」であるのにも関わらず、「早くLINEを返さなきゃ…」と焦らせてしまったら、どうなるでしょうか。

  • 「どうでもいい話題なんだから、もっとゆっくりなペースで返信したいよ」
  • 「プライベートを楽しみたいのに、どうでもいい話題の返信に時間を割くなんて面倒…」

なんて思われているかもしれませんよ。

これでは、より束縛を感じられてしまいますよね。「どうでもいい話題」を送り合う際には、より返信頻度を気をつけるようにしてください。

返信を促している

返信を促している

よく、既読スルーをされてしまうと、返信を促す人がいるものです。「返信してよ~」といった具合にですね。

しかし、このように返信を促す行為は、束縛認定されかねません。そもそも、返信を遅らせたいからこそ、既読スルーをするものです。そんな中で、「返信してよ~」なんて言われたら、いい気はしないものですよ。

返信が来なくても、24時間は待ってみる

「遅くとも24時間以内には返信しよう」と考えている人は、とても多くいます。そのため、返信が来ないとしても、24時間は待ってみるべきでしょう。

では、24時間待っても、返信が来ない場合はどうしましょう。例えば、返信が必要な内容であれば、もう一度LINEを送ってみるといいでしょう。また、場合によっては、LINE通話をしてみるのもアリですね。

一方で、返信が不要な内容であれば、自然を意識して対応をするようにしましょう。例えば、話題を変えてみるなどすれば、自然にLINEを続けることができるのではないでしょうか。

何度も通話をしたがる

何度も通話をしたがる

何度も通話をしたがるような姿勢は、束縛認定につながってしまうかもしれません。もちろん、好きな人とは、毎日のように通話をしたいものです。しかし、そんな「何度も通話をしたがる」という姿勢が、束縛につながることもあるので、注意が必要です。

通話はお互いに心地よいペースで

「通話の時間=相手の行動が制限される時間」と考えることもできるのではないでしょうか。例えば、20分間通話をした場合、相手の行動は20分間も制限されることになります。

もちろん、関係を深めるためには、LINE通話の活用も有効手段だと言えるでしょう。そして、20分のLINE通話をするとしても、相手が束縛を感じないのなら、問題ないはずです。

一方で、相手が我慢をしてまで、通話に応じている場合はどうでしょうか。例えば、20分のLINE通話をするものの、相手は「20分の通話は長い」と感じているかもしれません。言うまでもなく、「20分の通話は長い」と感じさせてしまったら、束縛認定されるかもしれませんね。

通話をすることは大切ですが、「お互いに心地よい時間」「お互いに心地よいペース」を守るようにしてください。

返信が来ないからといって、すぐに通話はダメ

LINEの返信が遅いからといって、すぐに通話をしてしまったらどうでしょうか。おそらく、相手側は、焦ってしまいますよね。これでは、束縛認定されてしまうかもしれません。

先述したように返信が来ないとしても、「24時間は待つ」などして余裕を持った対応をするようにしてください。

もちろん、連続で通話記録を残すのもNG

また、通話に出ないからといって、連続で通話記録を残す人がいるものです。このような行為も、相手を焦らせることになり、束縛につながるかもしれません。
たとえ、通話に出ないとしても、余裕を持って待つようにしてください。間違っても、3件も4件も連続で通話記録を残すようなことは、しないでくださいね。

プライベートのことを聞きすぎる

プライベートのことを聞きすぎる

もちろん、プライベートのことを聞くことは、関係を深める上で重要なことでしょう。いつも上っ面な話題のLINEですと、相手のことを知ることはできませんからね。
しかし、プライベートのことを聞きすぎるのも、よくないことです。やはり、プライベートのことを聞きすぎると、嫌われてしまうものですよ。

「ここまで聞く!?」というようなことを聞いていませんか

「今日はサークルだったよね? 異性は何人いた?」

「へ~ 明日は友達と遊ぶんだね… 誰とどこに行くの? 酒とか飲まんよね?」

「今まで何人と交際したんだっけ?」

このようなメッセージは、プライベートに深入りしすぎなのではないでしょうか。このように、「ここまで聞く!?」というようなことまで聞くと、気持ち悪がられます。

そして、最悪の場合は、束縛認定をされてしまうでしょう。「束縛認定」より「ストーカー認定」の方が言葉的に近いですが…

どちらにせよ、関係にヒビがはいってしまうかもしれないので、プライベートに深入りしないように注意をしてください。

「今何してる?」は禁句!?

話題はないけどLINEはしたい…そのようなとき、「今何している?」と聞いていませんか?

「今何してる?」と聞かれると、「今返信しなければ…」と思ってしまう人は多いものです。これでは束縛につながってしまうかもしれませんよね。

また、「今何してる?」と聞かれると、「行動を確認したいの?」と思う人もいるものです。やはり、「行動を確認したいの?」と思われてしまうと、束縛認定されかねません。

相手の性格や関係性を考えてから、「今何してる?」というメッセージを送るようにしてください。

何度も同じようなLINEを送っている

何度も同じようなLINEを送っている

何度も同じようなLINEが送られてくると、嫌気が差すものです。もちろん、嫌気が差すわけですから、あなたに対して嫌な気持ちを抱くことでしょう。結果として、束縛を感じさせてしまうこともあるものですよ。

同じような内容のメッセージは相手を疲れさせる

例えば、毎日のように「今日の夕食は何だった?」というメッセージを送ったとしましょう。この場合、「何で毎日のように夕食を聞いてくるんだよ」と思われてしまうかもしれません。このように、何度も同じような内容のメッセージを送ってしまうと、相手は嫌な気持ちを抱くものなのです。最悪の場合は束縛認定をされてしまうことでしょう。

話題を変えるのは面倒なことではありますが、「何度も同じような内容のメッセージを送らない」ということも守るべきなのです。

タイムラインの内容について詳しく聞く

タイムラインの内容について詳しく聞く

タイムラインの投稿を見れば、相手の近況やプライベートを知ることができます。しかし、タイムラインの内容について、詳しく聞いてしまうと、束縛と捉えられてしまうこともあるものですよ。

束縛認定される人はタイムラインについて聞きたがるもの…

気になる異性がタイムラインを投稿すると、とても気になりますよね。特に、「遊びに行った系」のタイムラインが投稿されていると、浮気を心配してしまう人も多いのではないでしょうか。

しかし、タイムラインの内容について詳しく聞いてしまうと、「プライベートくらい勝手にさせてよ」と思われてしまうかもしれません。そして、最悪の場合は束縛認定されてしまうものですよ。

異性との交遊がタイムラインに流れていても、ストレートには聞かないで!

異性との交遊がタイムラインに投稿されていたとしても、まずは落ち着くことが大切です。

「同性とのみ関わる」なんて、無理な話ですよね。つまり、「異性との交遊」は仕方のないことなのです。「異性との交遊」は仕方のないことだからこそ、受け入れることが大切なのではないでしょうか。

もちろん、「異性との交遊」がタイムラインに流れていると、深層を確かめたくなる気持ちもわかります。ただ、タイムラインに投稿された「異性との交遊」について聞くとしても、自然な感じで聞くようにしてください。

「おはよう」「おやすみ」を毎日のように送る

「おはよう」「おやすみ」を毎日のように送る

普段何気なく送っているのが、「おはようLINE」と「おやすみLINE」ですね。「おはようLINE」と「おやすみLINE」を送ることで、相手との距離が近づいていると感じるものです。

しかし、この「おはようLINE」と「おやすみLINE」も、場合のよっては束縛につながってしまうので、注意が必要です。

毎日のように、挨拶LINEを送っていませんか?

毎朝のように「おはよう」とLINEを送る人は多いものです。そして、毎晩のように「おやすみ」とLINEを送る人も多いものです。

例えば、「おはよう」と送られてきたら側は、どう思うでしょうか。おそらく、「『おはよう』と送り返さなければ」と思うはずです。つまり、毎朝のように「おはよう」とLINEで送っている場合、相手は毎朝のように「『おはよう』と送り返さなければ」と思っているのです。もちろん、毎朝のように「おはよう」と送っても、苦にならない人もいることでしょう。

一方で、毎朝「おはよう」と送ることに面倒を感じてしまう人もいます。そして、面倒を感じてしまうわけですから、束縛認定されてしまうかもしれないのです。

このように、毎日のように挨拶メッセージを送ることが、束縛につながることもあるので、注意が必要です。

LINEのルールを決めている

LINEのルールを決めている

カップルの間で、LINEのルールを決めている場合は多いのではないでしょうか。「3時間以内に返信する」といった具合にですね。

しかし、このLINEのルールも、束縛につながることがあります。LINEのルールを決めている人は、今一度考え直してみてください。

LINEのルールの例

  • 3時間以内に返信をすること
  • 毎日1回はLINEを送ること
  • 既読無視はしないこと
  • 毎食の写真を送ること
  • 返信をスタンプだけで済ませないこと

例えば、上述したものが、よくあるLINEのルールとなります。特に、男女交際をしていると、LINEにおける不安を感じる人は多いものです。「返信が来なかったらどうしよう…」といった感じにですね。

そんな不安の原因を極力発生させないためにも、LINEのルールを作る人は多いのではないでしょうか。

これらのルールは束縛認定されやすい

このような、LINEのルールは、相手の行動を制限しています。そのため、束縛認定されても仕方がないと言えるでしょう。もちろん、LINEのルールを決めたところで、相手にストレスが生じないのなら、問題はないでしょう。

しかし、LINEのルールによって、相手がストレスを感じているのなら考えものです。「束縛されてる」という気持ちが強くなってしまうと、別れを考える人もいるものですよ。やはり、今後もいい関係であるためには、束縛をすべきではないのです。

確かに、LINEのルールがないと、不安を感じてしまうかもしれません。しかし、それでも相手のことを考えて、「何がベストか」を判断するようにしてください。

もちろん、「他の異性とLINEをするな」も束縛になる

「他の異性とはLINEをしてはいけない」なんてルールを作っている人はいませんか?

もちろん、他の異性とLINEをしなければ、浮気されるリスクは低まるかもしれません。しかし、「他の異性とはLINEをしてはいけない」ということに対して、制限を感じられてしまったらどうなるでしょうか。

やはり、束縛認定をされてしまうかもしれませんよね。浮気の心配などは生じてしまうかもしれませんが、相手のことを考えて、「他の異性とはLINEをしてはいけない」というルールも撤廃した方が良いと思います。

テラ別府の笑顔アイコンこの記事を書いたライター
テラ別府