ナンパ成功率50%! 私が実践する、「LINE交換を迫るナンパ法」について

ナンパを成功させたいのであれば、「LINE交換を迫るナンパ法」を実践してください。私はこの方法を実践してナンパ成功率約50%を実現しています。

この記事ではそんな「LINE交換を迫るナンパ法」について紹介をしていきます。

SPONSORED LINK

ナンパ成功率50%は、かなり高いパーセンテージである

「ナンパ成功率50%」と聞いて「高いパーセンテージ」だと思いますか?それとも「低いパーセンテージ」だと思いますか?

確かに「半分しか成功しない」と考えると「低いよ…」と思うかもしれません。

しかし、反対に考えれば「半分は成功する」ということなのです。可愛い子を見つけてナンパをすれば半分は成功するんですよ。

そもそも初対面の男から声を掛けられたら女は警戒するものです。つまり本来、ナンパは相当低い成功率になるものなのです。

そんな中で「ナンパ成功率50%」なわけですから「高いパーセンテージ」だと思いませんか?

「初対面の女と5分会話する勇気」があれば、ナンパ成功を見込める

「LINE交換を迫るナンパ法」をする際に1つだけ避けては通れない道があります。それは「初対面の女と5分会話をする勇気」を持つことです。

つまり初対面の女と5分の会話ができて初めて「LINE交換を迫るナンパ法」を実践できるのです。

確かに初対面の女と会話をすることに難しさを感じてしまうかもしれません。しかしナンパで失敗したとしてもその女と接することは今後一生ありません。

だからこそ「当たって砕けろ」の精神で会話をすべきなのではないでしょうか。5分の会話を乗り越えれば50%の確率で女のLINEをゲットできます。

それでも恥ずかしさに負けてナンパすることを諦めますか?それとも、5分の会話を頑張って女のLINEゲットを目指しますか?

ナンパに掛かりやすい女の特徴とは

・暇そうにしている女
・1人でいる女

上記2つの条件を満たす女が「ナンパに掛かりやすい女」になります。急いでいる女に声を掛けても、淡白な対応をされて終わってしまいます。

一方暇そうにしている女に声を掛ければ、きちんと接してくれる可能性が高いでしょう。

また2人以上の女グループにはできるだけナンパをしないでください。やはり女はグループになると気が大きくなりがちですからね。これではナンパの成功率は下がってしまいます。

ナンパをする際は「暇そうにしている女」「1人でいる女」に声を掛けることが重要なのです。

LINE交換を迫るナンパ法のやり方

ではいよいよ「LINE交換を迫るナンパ法」のやり方を、順序別に紹介いたします。

ただナンパスポットによってやり方は少しだけ違ってくるんですよね。ここでは「ショッピングモールでのナンパ」を例に、やり方を紹介していきます。

また、他のナンパスポットでのやり方は「ナンパが成功しやすいスポット」の欄でスポットごとに紹介していきますね。

<1>好みの女を見つける

当たり前ですがナンパをする前には、好みの女を見つけなければいけません。

ただこの「好みの女を見つける行為」を疎かにしている人が多いんですよね。例えば「美人は緊張するから、少しブスな女をナンパしよう」なんて考えていませんか。

私はナンパから真剣交際へつながることは多々あると感じています。真剣交際をするのなら「少しブスな女」より、美人(好みの女)と付き合いたいですよね。

ナンパが真剣交際につながることもあるからこそ、好みの女を見つけるべきなのです。

SPONSORED LINK

<2>ナンパしたい女の目を見る

声をかける前にナンパしたい女の目を見るようにしてください。もし女と目が合ったら「女の表情」を確認してください。

その女の表情を「生理的に受け入れてもらえたか」の指標にしましょう。仮に女の表情が「嫌そうな表情」だったとします。この場合「生理的に受け入れてもらえなかった」と考えることができます。

従って今回のナンパは諦めるべきでしょう。

では女の表情が「嬉しそうな表情」「会釈をしてくれた」だったとします。この場合「女はあなたの印象に関心を持っている」という可能性があります。そのため自信を持って女に声を掛けるべきでしょう。

では、女の表情が「無表情」だった場合は、どうでしょうか。この場合「女はあなたに無関心である」と考えることができるでしょう。どちらかが無関心の状態から発展する人間関係は山ほどあります。

そのため女が無表情だったとしても女に声を掛けるべきでしょう。

<3>質問系の会話をする

女の目を見た後はいよいよ声を掛ける段階です。

まずは質問系の会話をするようにしてください。よくいきなり他愛のない会話をする人がいるものです。

「どこから来たの? よかったらお茶しよ!」といった感じにですね。もしナンパした女が、彼氏のトイレを待っているだけでしたらどうなるでしょう。トイレから帰ってきた彼氏に見つかったら、何をされるかわかりませんよね。

「お茶しよ!」なんて言われている彼女を見たら多くの彼氏は苛立つことでしょう。

一方で質問系の会話をしてみたらどうでしょうか。例えば「書店に行きたいのですが、行き方わかりますか?」といった感じにです。

このような質問系の会話であれば、仮に彼氏に見られても不自然には思われません。仮に彼氏に見られたとしたら「すみません。他をあたります」と言えばいいのです。彼氏持ちであることの保険のためにも、まずは質問系の会話をしてください。

また質問系の会話をしなければ次の段階(<4>質問に関して、女に頼る状況を作る)には進めません。

<4>質問に関して、女に頼る状況を作る

「質問に関して、女に頼る状況」とはどのような状況のことでしょうか。

例えばショッピングモールで「書店に行きたいのですが、行き方わかりますか?」と質問系の会話をしたとします。

おそらく女は「書店の場所」を教えてくれることでしょう。そしたら「場所がわかりにくそうなので、案内してもらえますか?」と言うのです。こうして、女に書店まで案内してもらいます。

この「書店まで案内してもらう」というものが「質問に関して、女に頼る状況」です。

もちろん「書店に行きたいのですが、行き方わかりますか?」と質問した後に「わかりません」と言われるかもしれません。この場合は「ちょっと地図に弱いので、一緒に案内板で探してください」と言ってみてはどうでしょうか。

一緒に案内板で書店を探してもらい、やはり「場所がわかりにくそうなので、案内してもらえますか?」と言うのです。こうして「書店まで案内してもらうこと」ができれば、「質問に関して、女に頼る状況」を作ることができるわけです。

工夫次第で「質問に関して、女に頼る状況」は作れるということですね。

ただ断られることもあるでしょう。

例えば「急いでいるので案内できません…」といった具合に女に言われるかもしれません。それなのにも関わらずしつこく接すると気持ち悪いと思われます。「断られる=ナンパの失敗」だと捉えて、諦めるべきでしょう。

<5>女に頼っている間は、世間話をする

先述したように「書店まで案内してもらう」という状況を作れたとしましょう。つまりショッピングモールでナンパした女に、書店まで案内してもらっているわけです。

このように女に頼っている間は世間話をするようにしてください。そして世間話の中で盛り上がれる話題を見つけてください。

ちなみに「ほとんどの女はカフェ好き」と言っても過言ではありません。つまりカフェの話題を提供すれば盛り上がれる可能性は高いでしょう。

ナンパした場所がショッピングモールの場合は「ショッピングモールってカフェ多いですよね! どこが安くてオススメですか?」といった感じに話せばいいでしょう。女に頼っている間に会話で盛り上がることができたら、いよいよLINE交換を迫る段階です。

<6>LINE交換を迫る

女に頼っている間に会話で盛り上がれたらLINE交換を迫りましょう。「会話で盛り上がれたこと」を理由にLINE交換を迫ってみてください。

今回の例で考えるとショッピングモールでナンパをしましたよね。またナンパした女に、書店まで案内してもらっています。そして、書店まで案内してもらう間に「カフェの話題」で盛り上がれたわけです。

・「一緒に話していて楽しかったです♪ LINE交換しません?」
・「教えてくれたカフェ行ってみたいな~ LINE送りたいんで、ID教えてください!」

今回の例のような状況ですと上のような文句を言いながらLINE交換を迫るといいでしょう。おそらく50%の可能性でLINE交換に応じてもらえるはずです。

ナンパが成功しやすいスポット

ここまで「ショッピングモールでのナンパ」を例にLINE交換を迫るナンパ法のやり方について提案していきました。

もちろんナンパが成功しやすいスポットは他にもあります。ここからはナンパが成功しやすいスポットを数点紹介いたします。

そしてスポットごとにLINE交換を迫るナンパ法のやり方を提案していきます。

<スポット1>女が暇を潰せる場所

「ナンパに掛かりやすい女の特徴」として、「暇そうにしている女」を挙げました。

実際に暇そうにしている女ほどナンパすると掛かりやすいものです。そのため「女が暇を潰せる場所」は、必然的にナンパが成功しやすいスポットになります。

ショッピングモール

「女が暇を潰せる場所」の代表がショッピングモールです。

ショッピングモールでナンパをする場合まず「目的がなさそうな女」を探しましょう。ゆっくりと歩いていて色々な店を物色している女は「目的がない女」な傾向があります。

そしてそんな女こそが暇である可能性が高いため、ナンパするには適するのです。

ショッピングモールでナンパをする場合私なら「店の場所を聞く作戦」を選択します。そして店の場所を聞いたら「方向音痴なので」と言い、女に店まで案内してもらいます。女に店まで案内してもらっている間はカフェの話題を振ってみます。

その後女に店まで案内してもらったら「話していて楽しかったこと」「カフェに一緒に行きたいこと」を理由にLINE交換を迫ってみますね。

公園

公園にも暇な女は多く出現します。

公園でナンパをする場合私は「ベンチで暇そうにしている女」を探します。そのような女を見つけたら「公園周辺の名所の場所」を固有名詞を用いて聞いてみます。

「すみません。Aタワーって、どこにあるかわかりますか?」といった感じにです。それを聞かれた女は「Aタワーの場所」を教えてくれるでしょう。

そして教えてもらったら「辿り着けるかわからないので、案内してもらえますか?」と言うのです。Aタワーまで案内してもらっている間は世間話をします。

この場合「最近、この辺によく来るんですけど… 暇な時間が多くて… オススメのカフェとかありますか?」といった感じの話題を振ればいいでしょう。

そしてAタワーまで案内してもらったら「会話がとても楽しかったです。今度カフェでも行きましょう!」という口実と共に、LINE交換を迫るわけです。

<スポット2>観光名所

観光名所にも暇な女は多く現れます。

意外にも1人で観光名所に現れる女もたくさん存在しますよ。そのため観光名所もナンパが成功しやすいスポットだと言えるでしょう。

インスタ映えする観光名所

特にインスタ映えする観光名所は、女が多く集まります。

私がナンパをするならそこで観光している女を探しますね。まず「写真を撮ってください」と女に頼みます。つまり、観光名所を背景に自分の写真を撮ってもらうわけですね。場所は観光名所なわけですから、快く応じてくれることでしょう。

そして写真を撮ってもらった後は観光名所に関する質問をしてみます。

・「ここに来るのは初めてなんですけど、どれくらいの時間で周れますか?」
・「ここから駅までは、どのくらいかかりますか?」
・「お腹が空いているんですけど、売店とかありましたか?」

といった感じの質問でいいでしょう。そんな質問を起点とし、会話をどんどん広げていくのです。そして5分程度の会話が終わったら、LINE交換を迫ります。

・「この辺の名所に詳しいですね。今度一緒に行きたいので、LINE教えてもらえます?」
・「一緒に会話できて楽しかったです! LINE交換しましょうよ!」

といった感じに言えば自然にLINE交換を迫れるはずです。

<スポット3>試合会場の自由席

スポーツ観戦が趣味であるのならその試合会場の自由席もナンパが成功しやすいスポットになります。私は野球観戦が趣味なので、野球場を例にLINE交換を迫るナンパ法のやり方を提案いたします。

まず野球場に来る女は野球好きなわけです。ましてや1人で野球場に来る女など「かなりの野球好き」だと言えるでしょう。野球場の自由席であれば、自由に席を移動できます。

つまり好みの女を見つけたら隣に座ることだってできるわけですね。好みの女を見つけたら野球についての会話を純粋に楽しめばいいでしょう。そして試合が終わった頃に、「今日は楽しかったです。LINE交換しましょうよ!」などと言えば、応じてもらえる可能性は高いでしょう。

ナンパを嫌がられたらすぐに身を引くべし

せっかく好みの女を見つけたわけですからナンパを成功させたいものです。しかし「断られたら身を引く」というのが、ナンパの鉄則となります。

女がナンパをうざいと思うときそれは「あなたがセールスに引っかかったとき」に似ています。

あなただってしつこくセールスされたらうざいですよね。執拗なほどにつきまとわれたら、助けを呼びたくなるはずです。

それと同じで女はしつこくナンパをされたら助けを呼びたくなるほど、うざい気持ちを感じます。だからこそナンパを嫌がられたらすぐに身を引くべきなのです。

SPONSORED LINK

まとめ

「LINE交換を迫るナンパ法」について、提案をいたしました。

私はこの方法を実践して成功率約50%を収めています。ぜひナンパに興味があるのならこの記事を参考にしてみてください。

サザンクロスの笑顔アイコンこの記事を書いたライター
神聖十字(サザンクロス)