気になる美容師とLINEの交換をする方法

気になる美容師とLINEの交換をする方法

気になる美容師がいるとしてもアプローチをするのは難しく感じますよね。しかし、LINEさえ交換してしまえば、デートに応じてもらえる可能性は高まります。この記事では気になる美容師とLINEの交換をする方法について紹介いたします。

SPONSORED LINK

<ステップ1>美容院の常連になる

<ステップ1>美容院の常連になる

顔を覚えてもらわなければ、LINEの交換を迫っても、成功することはありません。LINEの交換を成功させるには顔を覚えてもらうことが絶対条件と言えるでしょう。では、どうすれば気になる美容師から顔を覚えてもらえるのでしょうか。答えは、「美容院の常連になる」です。美容院の常連になれば、気になる美容師から顔を覚えてもらうことができますよ。

まずは美容院の常連になる

美容師のことが気になっても焦らないことが大切です。まずは、美容院の常連になることを心がけましょう。

美容院を利用するときは、毎回「気になる美容師がいる美容院」を利用しましょう。そのようにすれば、早く気になる美容師から顔を覚えてもらうことができるはずです。ちなみに、美容師と会話をする際には、恥ずかしがらないことが大切です。よく恥ずかしがって自分のことを話せない人がいるものです。

しかし、自分のことを聞かれてきちんと話すことは、顔を覚えてもらう近道なのです。「客の顔を覚えること」も美容師の仕事と言って過言ではありません。そのため、恥ずかしがらずに会話をすれば、思っていたよりもすぐに、顔を覚えてもらうことができるものですよ。

SPONSORED LINK

気になる美容師を指名するのも忘れずに

もちろん、美容院を利用する際は、気になる美容師を指名することも大切ですよ。いくら美容院の常連になっても、気になる美容師と接点が少なかったら、顔を覚えてもらいにくいですからね。多くの接点を持つためにも、気になる美容師を指名するようにしましょう。ちなみに、指名制度がなさそうな美容院でも頼めば指名できることが多々ありますよ。

例えば、「前回のカットが気に入ったので、○○さん(←気になる美容師の名前)にお願いしたいのですが」といった感じにですね。恋を実らせるためにも、必ず気になる美容師を指名して美容院を利用するようにしましょう。

焦ってLINEの交換を迫ってはいけない

気になる異性がいると、思うがままに行動をしてしまう人がいるものです。しかし、美容師が気になる異性であるのなら、思うがままに行動をしてはいけません。もちろん、ある程度美容院に通っていれば、美容師にLINEの交換を迫っても応じてもらえることはあるかもしれません。

「他の客にLINEの交換を迫られているところを見られたら… さっさと交換してしまおう」「お客様を他の美容院に取られたくない… そのためにはLINEの交換をすべきなのかな」といった考えを持つ美容師もいるのです。そのため、ある程度美容院に通っていれば、LINEの交換を迫っても、応じてもらえることはあるものなのです。

しかし、あなたの目的は、「気になる美容師とデートをする」でしょう。つまり、気になる美容師とLINEの交換をするのは、通過点に過ぎないのです。気になる美容師とデートをする可能性が高い状態で、LINEの交換を迫ることが大切です。だからこそ、焦ってLINEの交換を迫るべきではないのです。

<ステップ2>美容師と会話をする

<ステップ2>美容師と会話をする

美容院の常連になったら、次は気になる美容師との会話を心がけましょう。言うまでもなく、会話をすることで自分をさらに認識してもらうことができます。恋愛を優位に進めるためにも、会話をすることは大変重要なことなのです。

「気になる美容師と会話をすること」を意識する

会話をすることができなければ、デートに誘うことはできませんよね。そのため、気になる美容師がいるのなら、意識的に会話するようにしましょう。とは言っても、美容師と会話をする難易度は、そこまで高くはないでしょう。なんせ「客に話をするのも美容師の仕事」と言っても過言ではないですからね。つまり、気になる美容師から施術を受けることさえできれば、向こうから話をしてくれるのです。とは言っても、きちんと会話を成り立たせなければいけませんよ。

「そうです」「はい」としか返せない状態では、LINEを交換する関係性にはなれません。きちんと会話を成り立たせることで美容師とLINE交換ができる関係性になれるのです。

「美容師に自然に質問できる関係」にまで持っていこう

美容師との会話においては、なかなか質問をする機会はありませんよね。基本的に、美容師との会話の主導権は美容師にあります。「休みの日は何をされているんですか?」などといった質問を美容師がして客が質問に答えるという会話が基本ですよね。

しかし、気になる異性が美容師の場合は会話の主導権が美容師側にあってはいけません。やはり、LINEの交換を迫ったり、デートに誘うためには美容師と対等に会話ができなければいけないのです。もちろん、気になる美容師から質問をされて、答えることも大切です。ただ、それと同じくらい美容師に自然に質問をしてゆくことも大切なのです。

<ステップ3>美容師との共通点を見つける

<ステップ3>美容師との共通点を見つける

気になる美容師と問題なく会話ができるようになったら、次は共通点を見つける番です。少々難しく感じるかもしれませんが、会話のなかで共通点を見つけてゆきましょう。「共通点を見つける」ということにアンテナを張ってみると、案外簡単に共通点を見るけることができますよ。

美容師との会話のなかで共通点を見つける

会話のなかで共通点を見つけることは恋愛の鉄則です。やはり、共通点のある人に対しては、親近感を抱くことができますからね。また、共通点があれば、会話で盛り上がることもできます。

もちろん、気になる美容師がいるのなら、積極的に共通点を見つけることが大切です。趣味・好きな食べ物・出身地など、何かしらの共通点があるはずです。ぜひ、美容師と会話をするときには、共通点を見つけることにアンテナを張るようにしてください。

<ステップ4>美容師とLINEの交換をする

<ステップ4>美容師とLINEの交換をする

気になる美容師との共通点を見つけて、会話で盛り上がることができたら、次はいよいよLINE交換を迫るときです。ここからは、気になる美容師とLINE交換をする際のアドバイスなどを、紹介してゆきます。

どのように美容師とLINEを交換するか

自然な形で美容師とLINEを交換しなければなりません。なるべく迷惑をかけないようにLINEを交換するようにしましょう。周りの状況を確認することが大切ですね。例えば、店が混雑をしているなかで、LINE交換を迫ったらどうなるでしょうか。もしかしたら、美容師に迷惑をかけることになるかもしれませんよね。周りの状況を確認し、「あまり美容師に迷惑がかからない」と確信をしてから、LINE交換を迫るようにしてくださいね。

また、「今日LINE交換を求めたら迷惑がかかる」と思ったら、諦めるべきでしょう。「次回以降にチャンスがあったらLINE交換を求めよう」と考えることも大切なのです。

名刺にLINEのIDを書いて渡すのもアリ

名刺にあなたのLINEのIDを書いて渡せば、自然かつ迷惑をかけずに連絡先を伝えることができます。確かに、LINEの交換においては、QRコードを利用したほうが確実でしょう。しかし、QRコードを利用したLINEの交換は、どうしても時間がかかってしまいますね。一方で、名刺にあなたのLINEのIDを書いて渡せば、そこまで時間はかかりません。

もちろん、この場合はあなたが自分のLINEのIDを渡しただけなので、美容師の連絡先を知ることはできませんが…。「極力美容師に迷惑をかけたくない」と考えるのなら、名刺にLINEのIDを書いて渡すのもアリでしょう。

「LINEのほうが直接予約を取りやすいから」は魔法のセリフ!?

もしLINEの交換を迫る口実が見つからないのなら、「LINEのほうが直接予約を取りやすいから」と言ってみてはどうでしょうか。気になる美容師の常連になり、共通の趣味も見つけたからこそ、LINEの交換をしようとするのですよね。もう常連で気さくに会話をできる関係なわけですから、自然に「LINEのほうが直接予約を取りやすいから」と言うことができるはずです。

<ステップ5>LINEを続けてデートに誘う

<ステップ5>LINEを続けてデートに誘う

気になる美容師とLINEをすることがゴールではありませんね。デートをしたいからこそ、LINEの交換をしたのでしょう。もちろん、LINEの交換ができたら、気持ちは高ぶることでしょう。しかし、デートに誘いたいのなら、LINEを交換した後も落ち着いてメッセージを交わしてゆきましょう。

すぐデートに誘ってはいけない

気になる美容師とLINEの交換ができたら、舞い上がるほど嬉しいですよね。気になる美容師とLINEの交換ができたということはデートに大きく近づくことができたと考えてもいいでしょう。ただ感情が高ぶるがままに、すぐにデートに誘ってはいけません。もちろん、「LINE交換ができたから早くデートに誘いたい」という気持ちはわかります。しかし、あくまでも「あなた」と「美容師」は、「客と店員」の関係だと考えてください。

確かに、あなたは気になる美容師との会話で、盛り上がることができたことでしょう。そのため、あなたは「もう美容師とは深い仲だ」と思うかもしれません。しかし、美容師側は営業として、あなたと会話で盛り上がり、LINE交換をしたに過ぎない可能性もあります。そのため、LINEでじっくりとメッセージを交わして、「本当にデートに誘って問題ないのか」を見極める必要があるのです。

返信頻度は低くしよう

気になる美容師への返信頻度は低めを意識してくださいね。例えば、気になる美容師へ、すぐに返信してしまったらどうなるでしょうか。おそらく気になる美容師側は「早く返信しなきゃ」と思うはずです。また、美容師にとってあなたは「大切なお客様」です。そのため、「早く返信しないと今後の売上に関わる」という考えから、「早く返信しなきゃ」と追い込まれてしまう可能性も大いにあります。

気になる美容師に心地よくLINEをしてもらうためにも、返信頻度は低くすることが大切なのです。

じっくりとLINEのメッセージを交わす

あくまでも、じっくりとLINEのメッセージを交わしてゆきましょうね。まずは「LINE交換をしてくれてありがとうございます」といったようなお礼のメッセージを送るようにしましょう。その後は、ありきたりな話題で盛り上がるといいでしょう。

例えば、「美容師って大変ですよね。けっこう労働時間は長いんですか?」などですね。また、共通の趣味についての話をしてみてもいいでしょう。ありきたりな話題で盛り上がったら、徐々にプライベートな話題に切り替えてゆきましょう。プライベートな話題にも楽しそうに返信をしてくれたら、いよいよデートに誘う段階と考えていいかもしれません。

一方で、プライベートな話題に対して返信の反応が悪い場合もあります。例えば、絵文字がなくなったり、返信頻度が低くなったりですね。このように、返信の反応が悪い場合は美容師はあなたのことを「客」としか考えていない可能性も捨て切れません。そのため、「デートに誘うのは諦める」という選択を考えるべきでしょう。

「確実にいける」と思ったらデートに誘おう

「デートに応じてくれるか微妙だな…」というときには、まだ誘わないでください。仮に、デートに断られたらどうなるでしょう。あなたは美容院に行くことで気まずい思いをすることになります。また、美容師側もあなたが来店をすることで、気まずい思いを抱くことになります。つまり、デートに断られたら、お互いに気まずい思いを抱くことになるのです。確かに、デートに断られた後に一切美容院に行かなければ気まずくはならないんですけどね。

しかし、美容師側は客を選べないので、ずっと「来店されるかも…」と思って過ごさなければなりません。また、あなたが来店しないとしても、「私がデートを断ったせいで1人客を失った…」という具合に、責任感を感じることになるかもしれません。これでは、あなたが恋した美容師を守ることにはなりませんよね。

だからこそ、「絶対にデートに応じてくれるだろう!」と確信をしてから、誘うようにしてもらいたいのです。

SPONSORED LINK

まとめ

常連になったり、共通の趣味を見つけたりと、美容師とLINEの交換をするまでの道は短くはありません。しかし、きちんと段階を踏んでゆけば、美容師とLINEの交換をできるチャンスを作ることができます。ぜひ、気になる美容師がいるのなら、諦めることなくLINEの交換に向かって行動してみてください。

サザンクロスの笑顔アイコンこの記事を書いたライター
神聖十字(サザンクロス)