思わず共感!?片思い女性のLINEあるある

誰しも一度は経験したことがあるであろう甘酸っぱい片思い。

そんな片思いにはLINEのやりとりがつきものです。

「好きな人から既読がついたのに、返信がこない!」等、多くの方が経験したことがあるかもしれません。

この記事では、そんな片思い女性のLINEあるあるを紹介していきます。

目次

SPONSORED LINK

片思いにLINEは欠かせない

これから少しずつ彼との距離を縮めていきたい。

そんな時にまだ片思い中の彼との距離を縮めることをサポートしてくれるツールがLINEです。

手軽にメッセージを送ったり電話をしたりできるLINEは利用していない人の方が少ないでしょう。

どれくらいの頻度で彼にメッセージを送って良いのか頭を悩ませてしまうこともあるかもしれません。

彼からのLINEの内容に一喜一憂してしまうのも片思い女子のあるあるだといえます。

この記事では、「LINEの片思いあるある30選」を紹介します。

LINEの片思いあるある30選

1.彼が喜んでくれそうなLINEスタンプを購入する

彼が好むアニメやキャラクターなどのLINEスタンプを見つけたらつい購入してしまう女子も多くいるでしょう。

スタンプを送ったときにどのような反応をしてくれるのか、楽しみになって思わずにやにやしてしまうこともありますよね。

今までスタンプを利用していなかった人も、可愛いデザインのスタンプをついつい購入してしまうこともあるでしょう。

SPONSORED LINK

2.トーク履歴をバックアップしている

LINEの不具合でトーク履歴が消去されてしまうことを心配し念のためにトーク履歴をバックアップしている女子もいます。

スクリーンショットをすれば嬉しかったトーク内容や言葉などを手軽に保存でき、何度でも見返すことができますね。

3.彼とのトーク履歴を読み直してにやける

LINEのトーク履歴のなかで彼がかけてくれた優しい言葉や「少しだけ自分のことを好きでいてくれているかも?」と匂わせるような言葉があるときには、読み返して思わずにやけてしまう人も多いでしょう。

落ち込んだ時などは彼からの優しい言葉を読み直して、元気をもらうという人もいるかもしれませんね。

4.彼のペースに合わせて返信を送る

LINEのトークをリズム良く楽しみたい彼ならテンポ良く返信を送る

反対に彼の返信がゆったりとしたペースなら焦らせないように時間をかけて返信するなど、相手のペースに合わせる人も多いはず。

そのようなやり取りを繰り返すことで彼から「心地よく話ができるな」と感じてもらえるかもしれません。

5.短文で返信できるようなメッセージを送る

女子にありがちなのが自分の現状や悩みなどをつらつらと語る長文LINE

でも男子からすると、それにどう返信しようかと迷ってしまうこともあるかもしれません。

男子が直感で返信できるように「バイト終わった?」「明日は講義ある?」「風邪ひいた」など、短文で送るように心がけたいですね。

6.ハートの絵文字は「ここぞ!」の時に使う

片思い中の彼にハートの絵文字を送るのは少し勇気が要るものです。

あまり送りすぎても特別感がなくなってしまうこともあるでしょう。

思い切ってデートに誘うときなど、とっておきのタイミングでハートの絵文字は使う人が多い傾向があります。

7.彼が好んで使う絵文字をさりげなく使う

人によって絵文字が好きな人もいれば、全く使用しない人もいます。

彼が好んで絵文字を使うタイプなら彼がよく使う絵文字をメッセージ内に入れて送信してみると良いでしょう。

自分が使い慣れている絵文字を見ることで「なんとなく気が合うな」と感じてもらえるきっかけになるかもしれません。

8.既読スルーされた時に立ち直れないくらい落ち込む

彼がバイト中などでたまたま返信が送れなかったとしても、既読スルーが長時間ついていると「避けられているのかもしれない」と落ち込む人もいるでしょう。

既読スルーされて落ち込んでいた時に「ごめん、仕事場から電話があった」などのフォローがあると途端に安心しますよね。

9.送る内容を時間をかけて作成する

彼に送るメッセージの内容に打ち間違いがないか、彼の興味を引くような内容になっているかを考えこんでしまうこともあります。

メッセージ内容を何度も考え直して、送るまでに時間がかかってしまうことも片思い女子のあるあるです。

10.間違いメッセージをわざと送る

彼から関心をもってもらいたい一心で、間違いメッセージを確信犯的にわざと送る女子もいます。

ただし間違いメッセージを送りすぎると不快感を感じさせてしまうケースもあるため、彼の気持ちを確かめたい時などの特別なタイミングだけに送るくらいに留めておきたいですね。

11.感情をストレートに伝える

普段の会話では伝えづらい「ありがとう」「ごめんね」「かっこよかった!」などの言葉は、LINEのメッセージならストレートに伝えやすいものです。

率直な気持ちを短文で伝えることで、相手にも感情が伝わりやすくなります。素直な気持ちを伝えることで、彼から意識してもらうきっかけになるかもしれませんね。

12.盛り上がったタイミングでLINEを切り上げる

トークなどで会話が盛り上がっているときに「もう明日は仕事だから眠らなきゃ」など女子側からLINEのトークを切り上げることにはメリットがあります。

なぜなら彼に「一緒にLINEをしていると楽しい!」という気持ちを印象付けられるためです。

また一緒にLINEしたいなと思ってもらえるよう、切り上げるタイミングも調節できるようになりたいですね。

13.相手の良いところをたくさん褒める

彼の良いところに気付いていても面と向かっては伝えづらいもの。

LINEのメッセージなら相手の長所も伝えやすくなります。異性から褒めてもらったときに嫌な気持ちがする人はいないでしょう。

具体的なエピソードなどを添えて彼の良いところを積極的に褒めるようにしたいですね。

14.彼からのメッセージが不意に届き「即既読」になり焦ってしまう

彼との楽しかったトーク履歴を眺めているときに不意に彼からメッセージが届くと「即既読」になってしまいます。

時々なら「即既読」になっても「たまたまかな?」と思われるかもしれませんが、常に「即既読」だと相手に不信感を与えてしまうかもと不安になるケースもあります。

15.彼からの返信の時間が果てしなく長く感じる

彼とメッセージのやり取りをしていた時に、急に返信が途絶えて既読がつかなくなることがあります。

そのような時に返信までの時間を果てしなく長く感じる女子も多いでしょう。

ついつい「大丈夫?」など追加のメッセージを送りたくなりますが、焦らせないようにのんびりと返信を待つよう心がけたいですね。

16.彼のアイコンが変わっていることにすぐに気が付く

彼のアイコンが変わっている場合意中の相手ならすぐに気付くでしょう。

アイコンが変わった時には、アイコンを褒めるメッセージや「これは何のアイコンなの?」と話題が広がるようなメッセージを送るようにしたいですね。

ちょっとした変化にも気付くことで「自分に興味を持ってもらっているかも?」と彼にも思ってもらえます。

17.彼からの返信を待っているときに、別の人からメッセージが届いて落胆する

彼からの返信を待っているときに他の人からの通知が来ると「彼かも?」と胸弾ませてしまうこともありますよね。

通知を見て別の人からのメッセージだったときの落胆は大きいものです。

18.彼とのトーク履歴の内容をほぼ丸暗記してしまう

楽しかった彼とのトーク履歴の内容を読み返しすぎて内容を丸暗記してしまう人もいるでしょう。

特に嬉しかった言葉や距離が縮まったと感じるトーク内容は何度も読み返してしまうものですよね。

19.何気ない挨拶のメッセージだけでも舞い上がってしまう

メッセージの内容に質問などがなくても「おはよう」「いってらっしゃい」などの何気ない挨拶はカップルのように感じる瞬間ですよね。

関係が縮まってきていると感じている場合には何気ない挨拶もこちらから積極的に送るようにしたいですね。

20.不意にメッセージ内で下の名前を呼ばれて嬉しくなる

それまでは苗字で呼ばれていたのが急に下の名前で呼ばれると女子はドキっとしてしまいます。

下の名前を呼ばれることで親密感が増して「これは彼も自分を思ってくれている証拠かも?」と嬉しくなってしまいますよね。

それまでは敬語だったのが親しい話し言葉になったときにも距離が縮まったことを実感しやすいものです。

21.考えすぎてメッセージの「送信」ボタンが押せなくなる

彼に嫌われたくないから変な内容のメッセージはできれば送りたくないもの。

内容を気にしすぎてなかなかメッセージが遅れなくなることも片思いのLINEあるあるです。

しかし緊張した文面や長すぎる文面は相手にもプレッシャーを与えてしまいます。相手が気軽に受け取れるような内容を送るようにしたいですね。

22.気が付いたら彼のLINEのBGMを聴いている

LINEのプロフィールは自分の好きな写真やBGMを設定することができます。

彼がプロフィールに設定しているBGMの音色が心地よく感じて、何度も聴いているうちにそのBGMが好きになってしまうこともあるかもしれませんね。

好きなアーティストなら話題にすることで一緒にライブに行けるきっかけになるかもしれません

23.スマホをチェックする頻度が上がる

片思い中はスマホの着信音が鳴っていないのに彼からのメッセージを確認するためについついスマホを手に取ってしまいがちです。

彼からのメッセージは届いておらずついついSNSをチェックしたりお気に入りのサイトを見たりしていると、スマホを触る時間も長くなってしまう傾向があります。

24.告白の言葉を何度も打ち込んでは消してしまう

彼に想いを伝えたくて「ずっと好きだったよ」などの告白の言葉を打ち込んでも送ることができずに消してしまうことが多くあります。

まだ告白のタイミングには早すぎるかもしれないと思ったり直接伝えた方が良いかもしれないと思ったりすると、なかなか送信ボタンは押せないものです。

25.クリスマスやバレンタインデーの予定をさりげなく聞く

クリスマスやバレンタインデーなどの彼の予定は気になるもの。

彼女がいるのかわからない場合には予定があるのか聞いておきたいところですよね。

イベント時期の予定を聞くことは勇気が要るものですが2人の距離を縮めるチャンスだといえます。

思い切って予定を聞いてクリスマスやバレンタインデーなどのイベントに誘い出してみても良いでしょう。

26.彼とLINEが盛り上がるだけでなんでも頑張れる

彼とLINEのメッセージが盛り上がるだけでも、勉強や仕事などが前向きに頑張れるようになるものですよね。

幸せな気持ちは日常生活へのモチベーションアップにも繋がります。

27.メッセージ内での彼の口癖が気が付いたら移っている

片思い中は彼がメッセージ内で好んで使用している口癖も愛おしく感じるものですよね。

何度もトーク履歴を見るうちに気が付いたら彼の口癖が移っているということも片思い女子のあるあるです。

28.彼が返信しやすいように、彼が興味があるものを見つけて写真を撮って送る

彼がラーメンが大好きなら美味しいラーメン屋さんで食べたラーメンを撮影して送ってみると思わず彼も返信してしまうでしょう。

彼にとって興味がある内容ならメッセージが盛り上がりやすくなりますよね。

その写真がきっかけで「今度は一緒に食べに行こうか」など、デートの約束も取り付けるかもしれません。

29.寝ているときもLINEの着信音に敏感になる

彼が夜型だったり夜勤をしていたりする場合には深夜にメッセージが来るケースもあります。

寝ているときでもLINEの着信音が鳴ると飛び起きてメッセージをチェックしてしまうものです。

30.少し踏み込んだ質問をして、彼に気持ちがあることを気付いてもらうようにする

意中の彼とLINEのメッセージを重ねるうちに彼も自分のことを思ってくれているかも?と手応えを感じることもありますよね。

関係がステップアップできるように思い切って少し踏み込んだ質問をすることも大切です。

信頼関係があるうえで「今、彼女はいるの?」「どんな女の子が好き?」などの恋愛関係の少し踏み込んだ質問をしてみましょう。

この質問をすることで「自分のことを好きなのかな?」と彼からも意識してもらえるでしょう。

SPONSORED LINK

まとめ

片思い中の女子は彼とのLINEのやり取りに一喜一憂するものです。

メッセージのやり取りが彼から楽しいと思ってもらえるように工夫したメッセージを送るように心がけたいですね。

彼のテンポ感に合わせた返信のタイミングや絵文字の付け方などメッセージを重ねるうちにわかってくることもあるでしょう。

彼と恋人同士の関係になりたいと願う場合には、LINEのメッセージ内容のなかから少しずつ伝わるような文面を作るように工夫することも大切です。

積極的にメッセージや挨拶を送ってくれる彼なら、関係がステップアップできるように思い切って率直に気持ちを伝えるようにしていきたいですね。

サザンクロスの笑顔アイコンこの記事を書いたライター
神聖十字(サザンクロス)