~ライン情報マガジン~

気になる店員にLINEのIDを渡す方法

2018.03.01

気になる店員にLINEのIDを渡す方法

店員のことが気になっても、なかなかアプローチをすることはできませんよね。しかし、たとえ店員と客という関係であっても、LINEのIDを自然に渡すことは可能です。気になる店員がいるのなら、諦めることなくLINEのIDを渡してゆきたいものです。

SPONSORED LINK

<ステップ1>自分の存在を知ってもらう

<ステップ1>自分の存在を知ってもらう

「自分の存在を知ってもらう」ことは、恋愛の大原則ですよね。他人の状態でアプローチをしたとしても、ほとんどの確率で交際につなげることはできないでしょう。あなたは店員のことが気になっています。しかし、おそらく店員側は、あなたの顔すらも覚えていないでしょう。したがって、まずは自分の存在を知ってもらうことが大切です。

では、どのようにすれば、気になる店員に存在を知ってもらうことができるのでしょうか。

定期的にお店に通う

気になる店員に自分の存在を知ってもらうためには、定期的にお店に通うべきでしょう。いくら客であるとはいえ、常連さんともなると、存在を知ってもらうことができるのです。

できれば、1週間に1回程度の頻度で、お店に通ってゆきたいですね。

私もお店(カフェ)で働いた経験があるのですが、週1以上の頻度で来店される客は、顔を覚えやすかったものですよ。また、入店する時間もできるだけ統一した方がいいでしょう。なぜか入店する時間が定まっていると、印象に残りやすいんですよね。

目を合わせる

会話において目が合うと、相手を意識してしまうものですよね。店員とのやり取りにおいても、必ず目を合わせるようにしましょう。

例えば、カフェの店員が気になっているとします。この場合は、注文をするときに目を合わせてみてはどうでしょうか。また、コーヒーが運ばれてきたときも、目を合わせられるチャンスですね。恥ずかしがることなく、きちんと目を合わせてゆきましょうね。

「オススメ」を聞く

例えば、カフェの店員が気になっているとしましょう。この場合は、「オススメ」を聞くことで、より自分の存在を知ってもらうことができます。

ほとんどの人は、自分でメニューを決めて、店員に注文をしますよね。そんななかで、「オススメ」を聞いてくる客がいたら、店員の印象に残るはずです。店員の印象に残れば、それだけ存在も知ってもらいやすいということですね。また、「オススメ」を聞くことで、会話の幅を広げてゆくこともできるでしょう。

例えば、帰り際に「おいしかったですよ♪ また他のオススメも教えてください!」といった具合に、「オススメ」を聞いたがゆえに会話の幅を広げてゆくこともできるのです。

<ステップ2>会話をする

<ステップ2>会話をする

自分の存在を知ってもらったら、次は会話をする段階です。確かに、相手は店員として働いているわけですから、会話をする難易度が高い場合もあります。しかし、LINEをするまでの仲になるためには、会話をしてゆくことも大変重要なのです。ここからは、気になる女性との会話の仕方について紹介してゆきます。

気になる店員は仕事中なので迷惑にならないように

気になる店員との会話の大原則として、「迷惑にならないようにする」という点が挙げられます。気になる店員は仕事中であるため、仕事に支障をきたすような状況を作らせてしまってはいけないのです。

たまに、強引に話しかけている人もいますけどね…仮に、気になる店員から、「この人は迷惑だな…」と思われてしまったら、LINEをし合う関係になんてなることはできませんよ。

数秒程度の世間話でOK

気になる店員との会話においては、数秒程度の世間話で問題ありません。むしろ、長話を我慢してでも、数秒程度の世間話に留めるべきでしょう。何度も言うように、気になる店員は仕事中であるため、迷惑をかけてはいけません。やはり、迷惑をかけないようにとなると、数秒程度の世間話に留めておくべきなのです。

「このお店では長く働かれているんですか?」
「学生さんですか?」
「今日は雨だから大変ですね…」

といった感じの世間話で問題ありません。ほとんどの客は、店員と世間話をすることはありません。つまり、世間話をしてくる客は、店員にとって印象に残るのです(たとえ数秒程度の世間話でも印象に残るものです)。だからこそ、恥ずかしいという気持ちを抑えてでも、気になる店員と世間話ができる間柄になるべきなのです。

<ステップ3>LINEのIDを紙に書く

<ステップ3>LINEのIDを紙に書く

自分の存在を知ってもらい、会話も定期的にすることができたら、次はLINEのIDを紙に書いてゆきましょう。つまり、店員に渡す「LINEのIDを書いた紙」を作成するということです。

LINEのIDに加えて、メッセージを添えるべし

気になる店員にLINEのIDだけが書かれた紙を渡すのは、とても呆気ないことです。おそらく店員側は、LINEのIDだけが書かれた紙を渡されても、困るだけだと思います。あなたは、気になる店員と仲良くなりたいから、LINEのやり取りをしたいんですよね。

であるならば、「LINEのやり取りをしたい」という気持ちも一緒に紙に書いて、気になる店員に渡すべきでしょう。「いつも楽しい会話をありがとうございます。もっと仲良くなりたいので、よかったらLINEをしてください」程度のメッセージで問題ありません。きちんと、自分の気持ちを伝えることができれば、友達登録してもらえる可能性は高まるのです。

メッセージは重くもなく軽くもなく

LINEのIDに添えるメッセージが重いと、「客と店員の関係なのに気取りすぎ…」という具合に、悪印象を与えかねません。一方で、LINEのIDに加えるメッセージが軽くなってしまうと、「出会い厨か?」と思われてしまうかもしれないでしょう。

LINEのIDに加えるメッセージは、重くてもいけませんし、軽くてもいけないのです。「LINEのIDに加えるメッセージは、重くもなく軽くもない程度のいいものが望ましい」と覚えておきましょう。

自分の名前も忘れずに

LINEのIDを書いた紙を渡す場合、メッセージを添えることが大切です。ただ、メッセージと同じくらい、自分の名前を添えることも大切です。

あなた自身が、LINEのIDが書かれた紙を渡されたことを、想像してみてください。もし、LINEのIDが書かれた紙に、名前が書いていないと、不安になってしまいますよね。LINEのIDが書かれた紙を渡してきた客の名前すら知らないとしたら、確実に友達登録をすることはないはずです。それだけ、LINEのIDを書いた紙に、自分の名前を書くことも重要なのです。

電話番号も紙に書くと信頼されやすい

問題がないのであれば、電話番号も紙に書いて渡すといいでしょう。電話番号も紙に書かれていれば、「この人は真剣に自分と仲良くなりたいんだな」と思ってもらうことができるかもしれません。また、電話番号が紙に書かれていることで、誠実さをアピールすることができるかもしれませんよ。LINEのIDしか連絡先が書かれていない紙を渡されると、「軽いな」と思われる可能性も高いですからね。

より、友達登録してもらう可能性を高めたいのなら、電話番号も紙に書いておくべきでしょう。

<ステップ4>LINEのIDを書いた紙を店員に渡す

<ステップ4>LINEのIDを書いた紙を店員に渡す

<ステップ1>自分の存在を知ってもらう・<ステップ2>会話をするは、きちんとこなすことができましたか?こなすことができているのなら、気になる店員とは打ち解け合えている状況でしょう。そして、LINEのIDを書いた紙を作成したら、いよいよそれを渡す段階ですね。

きっと、LINEのIDを書いた紙を作成したら、「早く渡したい」とウズウズすることでしょう。しかし、自分勝手にLINEのIDを書いた紙を渡してはいけません。気になる店員は仕事中なわけですから、極力迷惑をかけることなく、LINEのIDを書いた紙を渡すべきなのです。

誰にも気づかれないように渡す

LINEのIDを書いた紙を気になる店員に渡すときは、誰にも気づかれないようにすることが重要です。まずは、周りの客を見渡してみてください。LINEのIDを書いた紙を気になる店員に渡す際は、周りの客が見ていないことを確認してからにしたいですね。

他にも従業員など、「他の誰かに見られていないこと」を確認した上で、LINEのIDを書いた紙を渡すべきでしょう。

例えば、カフェの店員が気になっているとします。この場合は、コーヒーを運んできてもらったときなどは、LINEのIDを書いた紙を渡すチャンスなのではないでしょうか。周りの状況を見計らって、サラッとLINEのIDを書いた紙を渡してゆきたいですね。

「よかったら読んでください」という言葉とともに渡す

LINEのIDを書いた紙を渡すときには、「よかったら読んでください」と必ず言ってから渡してください。間違っても、無言でLINEのIDを書いた紙を渡してはいけません。また、言葉とともに渡すにしても、「あの、これ…」などと、「読んでほしい」ということが伝わらなければ意味がありません。

例えば、LINEのIDを書いた紙を渡すときに、「あの、これ…」と言って渡したとします。これでは、「読んでほしい」ということが伝わっていないため、「ゴミを拾って渡してくれたのかな?」と店員は思うかもしれません。

また、もしかしたら「個人情報が書かれた紙を拾ったから、落し物として渡しているのかな?」と思うかもしれませんよね。つまり、「あの、これ…」と言ってLINEのIDを書いた紙を渡した場合、あなたの意思が伝わらない可能性もあるのです。LINEのIDを書いた紙を渡す際には、「この紙はあなたに向けたもの」ということが伝わらなければいけません。だからこそ、「よかったら読んでください」という言葉とともに、LINEのIDを書いた紙を渡すようにしてください。

「迷惑がかかる」と思ったら次の機会に持ち越す

先述したように、LINEのIDを書いた紙を作成したら、「早く渡したい」とウズウズすることでしょう。しかし、いくら「早く渡したい」とウズウズしているとしても、気になる店員のことを考えなければいけません。LINEのIDを書いた紙を渡すことで、迷惑がかかる状況であると思うのなら、その日は諦めることが肝心です。たとえ、ウズウズする気持ちが増すとしても、我慢をして次の機会に持ち越すことが大切なのです。

IDを書いた紙を渡した後について

IDを書いた紙を渡した後について

ここからは、LINEのIDを書いた紙を渡した後のことについて、紹介してゆきます。おそらく、緊張したなかで、LINEのIDを書いた紙を渡したことでしょう。実際に、気になる店員にLINEのIDを書いた紙を渡せたのなら、心は舞い上がっているのではないですか。しかし、LINEのIDを書いた紙を渡せたとしても、平常心を保たなければいけません。

「友達登録されないのが当たり前」という心構えでいる

気になる店員にLINEのIDを書いた紙を渡したとしても、友達登録されない可能性も大いにあります。確かに、気になる店員にLINEのIDを書いた紙を渡したら、期待感で溢れますよね。

「早く友達登録してくれないかな!」
「どんなメッセージのやり取りをしようかな!」
「どうやってアプローチしてデートにまでこぎつけよう?」

といった具合に、ものすごい期待感で溢れているはずです。しかし、店員側があなたに好意を抱いていなければ、友達登録されることはないのです。

もちろん、気になる店員との会話は、問題なくこなせたことでしょう。会話もこなせているわけですから、「好意を抱かれている」と思ってしまいがちです。しかし、店員は客から会話をされたら、嫌な顔をせずに対応をしなければいけません。つまり、あなたが気になる店員と会話をこなせていたからといって、「好意を抱かれている」とは限らないのです。

仮に、友達登録をされなかったら、期待した分だけ失望をしてしまうことでしょう。だからこそ、「友達登録されないのが当たり前」という心構えでいることをオススメします。

友達登録されたら、謙虚な態度を大切にする

気になる店員が友達登録をしてくれたとしても、舞い上がってしまってはいけません。間違っても、いきなり質問攻めになんかにしないでください。あなたは、気になる店員が仕事中であるのにも関わらず、LINEのIDを書いた紙を渡しているのです。仕事に支障をきたさせてしまっているわけですから、謙虚な態度でメッセージを交わすべきでしょう。

ファーストメッセージは、「忙しいのにIDの紙を渡してごめんなさい」といった具合に、お詫びの言葉を入れるといいかもしれませんね。舞い上がって自分勝手にやり取りを進めてしまうと、せっかくLINEを交換できたのにも関わらず、嫌われることになってしまうかもしれませんよ。

最後に

好きになった人が店員であるとしても、諦めることはありません。たとえ、客と店員の関係であるとしても、順序立ててゆけば、自然にLINEのIDを伝えることはできるのです。ぜひ、この記事を参考にして、気になる店員にLINEのIDを渡せるようになりたいですね。

SPONSORED LINK
合わせて読みたい!

LINEで誤送信しちゃった!みんなのおもしろ体験談11選
こんにちは、テラ別府です。今日は読者の皆さまから募集した「LINEで誤送信をしちゃった!みんなのおもしろ体験談」を紹介します。他のサイトからコピペしてきたエピソ...
LINEポイント(旧コイン)を無料で貯める方法
LINEポイント(旧コイン)を無料で貯める方法ってあるの?LineSearcherマネージャーのサクランボです。  「LINEポイント(旧コイン)を今まで課金してチャー...

テラ別府の笑顔アイコンこの記事を書いたライター
テラ別府


 


LINEポイントが無料?
詳細は画像をタップ

緑の矢印画像。

 



この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

特別企画

こちとら自腹じゃ!のバナー画像。

ウケるスタンプ発掘局

『設定』の部分をタップするイメージ画像ツムツム100万点への道のバナー画像。

Facebook公式ページ

Twitter公式ページ

カテゴリー

Ninja Tools

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.