「LINEが面倒」と思う女性が彼氏と関係をうまく続ける方法

「LINEが面倒」と思う女性が彼氏と関係をうまく続ける方法

男女交際において、切り離すことができないツールがLINEです。しかし、「LINEが面倒」と感じている女性も多いのではないでしょうか。
この記事では、そんな「LINEが面倒」と感じている女性に向けて、彼氏と関係をうまく続ける方法を紹介いたします。

SPONSORED LINK

「LINEが苦手なこと」を彼氏に伝えておく

「LINEが苦手なこと」を彼氏に伝えておく

「LINEが苦手なこと」を彼氏に伝えないと、あなただけが我慢をすることになります。やはり「LINEが苦手なこと」はきちんと彼氏に伝えるべきでしょう。

確かに、「LINEが苦手なこと」を彼氏に伝えるのは気が引けるかもしれません。しかし、お互いに心地よい関係にしてゆくためには妥協してもらいたい点はきちんと伝えることが大切なのです。

きちんと伝えることが大切

我慢をしてまで、彼氏とLINEをするのは億劫ですよね。かと言って、全く彼氏とLINEをしないと、交際を続けるのは難しいでしょう。やはり、「LINEが苦手なこと」を、きちんと彼氏に伝えるべきです。

ただし、「LINEが『面倒』なんだ」と彼氏に伝えてはいけませんよ。
『面倒』という単語は、彼氏に不安を与えてしまいますからね。
「LINEが『苦手』なんだ」と彼氏に伝えてください。

きちんと、「LINEが苦手なこと」を彼氏に伝えれば、受け入れてもらうことができるのではないでしょうか。きっと、あなたに合わせてLINEのやり取りを進めようと、彼氏は尽力してくれるはずです。

正直に伝えれば、罪悪感を軽減できる

もし「LINEが苦手なこと」を彼氏に伝えていないと、どうなるでしょうか。やはり、返信が遅くなってしまうことに、罪悪感を感じてしまうのではないでしょうか。また、「返信が遅いから彼氏に嫌われないかな」と、自分自身も心配してしまうことになるかもしれません。

一方で、「LINEが苦手なこと」を彼氏に伝えた場合は、どうでしょうか。この場合、彼氏はあなたが「LINEが苦手なこと」を知っているわけです。そのため、返信が遅くなっても、そこまで罪悪感を感じることはないでしょう。もちろん、「返信が遅いから彼氏に嫌われないかな」という心配も軽減させることができるはずです。

もしも正直に伝えて、彼氏の機嫌が悪くなったら…

「LINEが苦手なこと」を伝えて、彼氏の機嫌が悪くなることもあるかもしれません。

「はっ!? たかだかLINEでしょ… ちゃんとしようよ…」
「俺とのLINEが嫌だの!?」
「きちんと返信してくれないと不安になるんだけど…」

といった感じにですね。やはり、彼氏の機嫌が悪くなってしまうと困ってしまいますよね。ただ、「LINEが苦手なこと」を伝えたくらいで、機嫌が悪くなる彼氏とは距離を置くことをオススメします。

「LINEが苦手なこと」は、あなたの性格ですよね。それなのにも関わらず、彼氏の機嫌が悪くなっているのです。

やはり、あなたの性格を受け入れてくれない彼氏とは、別れるべきなのではないでしょうか。ほとんどの男性は、「LINEが苦手なこと」を伝えることで、快く受け入れてくれるものですよ。

短文メッセージを彼氏に送れば、「LINEの面倒」を軽減できる

短文メッセージを彼氏に送れば、「LINEの面倒」を軽減できる

「LINEが面倒」を感じている人には、短文メッセージの活用をオススメします。人間というものは、相手の文章量に合わせて、返信してくる傾向にあります。

つまり、あなたが短文メッセージを送れば、彼氏からも短文メッセージが返ってきやすいということですね。短文メッセージがメインのやり取りになれば、「LINEの面倒」を軽減させることができるでしょう。

人間は短文メッセージには短文メッセージで返すもの

「長文メッセージには、長文メッセージを返しやすい」
「短文メッセージには、短文メッセージを返しやすい」
これは、人間の習性と言ってもいいでしょう。

あなただって、LINEで短文メッセージが送られてきたら、短文メッセージを返したくなりますよね。それは彼氏も同じで、やはり短文メッセージには、短文メッセージで返したくなるものなのです。

つまり、あなたが短文メッセージを送れば、彼氏からは短文メッセージが返ってきやすいということです。「LINEが面倒」と感じているのなら、短文メッセージを活用してゆきたいものです。

徐々に短文メッセージに切り替えてゆく

彼氏がいつもは長文メッセージを送ってくるのに対して、いきなり短文メッセージで返信してしまったらどうなるでしょうか。きっと、彼氏は「いきなり短文メッセージだよ… 嫌われたのかな?」と不安になるはずです。そのため、徐々に短文メッセージに切り替えてゆくことをオススメします。

例えば、いつも彼氏から、10行程度のメッセージが届いていたとします。そして、あなたも彼氏と同じように、10行程度のメッセージを返信していたとします。

この場合は、まずは8~9行程度のメッセージで返信をするようにするのです。そして、8~9行程度のメッセージにお互いが慣れてきたら、徐々に徐々にと行を減らしてゆきます。

このようにすることで、彼氏を不安にさせることなく、短文メッセージがメインのやり取りに移行をすることができます。もちろん、短文メッセージがメインのやり取りになるまで、少し時間はかかってしまいますがね…

ただ、短文メッセージがメインのやり取りになれば、「LINEの面倒」は軽減されます。たとえ、時間がかかっても、短文メッセージがメインのやり取りに向けて、徐々に短文メッセージに切り替えてゆきたいものです。

24時間以内の返信を徹底する

24時間以内の返信を徹底する

返信頻度については、24時間以内に返信をすれば問題ないと考えていいでしょう。「24時間以内に返信すればいい」と考えれば、そこまで面倒に感じることはないはずです。
ただし、24時間以内に返信をすることは徹底してください。やはり、24時間を超えても返信が来ないと、男性はネガティブな感情を抱いてしまうものですよ。

24時間以内の返信なら、男は許せるもの!?

私の友人などの意見を参考にしただけなのですが、多くの男性は「24時間以内の返信なら許せる」という意見を持っているようです。つまり、遅くとも24時間以内に返信をすれば、彼氏から許容される可能性は高いと言うことですね。

例えば、彼氏から今日の21時にLINEが来たとしましょう。この場合は、明日の21時までに返信をすればいいと言うことですね。

「24時間以内に返信をすればいい」と考えれば、面倒な中でもLINEのやり取りをすることができるのではないでしょうか。また、「24時間以内に返信をすればいい」と考えれば、気を楽にすることができるでしょう。

「24時間以内に返信すること」は徹底する

24時間を超えても返信が来ないと、男性はネガティブな感情を抱くものです。

「嫌われているのかな…?」
「何か事件に巻き込まれているのかな?」
「もしや浮気してる!?」

といった具合にですね。

そのため、24時間以内に返信をすることは、徹底するようにしてください。よく「24時間以内に返信すればいいや…」と、返信を遠回しにする人がいるものです。しかし、24時間なんてあっという間に過ぎてしまいますよ。

もちろん、24時間以内に返信をすれば、問題はないでしょう。ただ、返信を遠回しにしてしまった結果、24時間を過ぎてしまうこともあるのです。

例えば、「既読にせずに通知を残しておく」「返信することをメモしておく」など工夫をして、確実に24時間以内に返信をしたいものです。

ただし、緊急メッセージにはすぐに返そう

ただし、緊急メッセージにはすぐに返そう

基本的には、24時間以内の返信で問題ありません。ただ、緊急メッセージに対しては、すぐに返すべきでしょう。

やはり、緊急メッセージに対してすぐに返せないことが多くなると、不信感を感じられる可能性は高いですからね。面倒ではありますが、彼氏との関係を続けたいのであれば、緊急メッセージにはすぐ返信すべきなのです。

緊急メッセージとは

緊急メッセージとは、「急を要するメッセージ」のことです。また、緊急メッセージとは、「すぐの返信が求められるメッセージ」とも言えます。

「待ち合わせ場所変更の提案」
「直近中のお誘い」

などが、緊急メッセージですね。

例えば、「今日のデートの待ち合わせ場所を変更してほしい」と、彼氏からLINEで送られてきたとします。

この「今日のデートの待ち合わせ場所を変更してほしい」という内容のメッセージは急を要していますよね。また、すぐに返信が求められるものでもあります。そのため、「今日のデートの待ち合わせ場所を変更してほしい」という内容のメッセージは、緊急メッセージと考えることができるのです。

面倒でもLINEの通知はオンにしておく

「LINEが面倒だから」と、通知をオフにしていませんか?確かに、通知をオフにしていれば、LINEのやり取りは楽になります。

しかし、通知をオフにすることはオススメできません。もしも緊急メッセージが送られてきたときに、通知がオフになっていたらどうなるでしょうか。もしかしたら緊急メッセージに気づくのが遅くなってしまうかもしれませんよね。

緊急メッセージにすぐに気づくためにも、LINEの通知はオンにしておくべきなのです。

緊急メッセージをすぐに返さなければ信頼関係にヒビが入る

例えば、「今日は一緒にランチ行かない?」と彼氏からメッセージが来たとします。「今日は一緒にランチ行かない?」は、緊急メッセージですよね。それなのにも関わらず、返信が遅くなってしまったら、どうなるでしょうか。

彼氏だって、「今日は一緒にランチ行かない?」と言った以上は、準備をしています。また、あなたのために時間を空けています。そんな中であなたからの返信がなかなか来ないのです。これでは彼氏は不信感を感じてしまいますよね。

ただ、「緊急のときは通話にして」と彼氏に言っておくのもアリですね。通話であれば、よりすぐに用件を聞くことができますからね。

「緊急メッセージもすぐに返せる自信がない」と言う人は、「緊急のときは通話にして」と彼氏に伝えておくべきでしょう。

LINE通話をメインのやり取りにするのもアリ!

LINE通話をメインのやり取りにするのもアリ!

LINEの機能はメッセージが全てではありません。メッセージの他に通話機能もありますよね。このLINE通話を活用するのもアリでしょう。実際、メッセージよりも通話のほうが、楽に感じられるものですよ。

そのため、通話メインのやり取りにすることで、「LINEが面倒」から逃れることができるかもしれません。

LINE通話であれば面倒さは少なくなる

LINE通話であれば文章を考える必要はありません。また、LINE通話であれば文章を打ち込む必要もありません。

このように、LINEメッセージよりもLINE通話のほうが、面倒さは少なくなるのです。なんせ、LINE通話は、話していればいいだけですからね。とても楽なものですよ。

また、LINE通話であれば、相手の声を聞くことができます。そのため、「LINEメッセージよりもLINE通話のほうが、親近感を感じられる」という声もよく聞かれるものです。ぜひ、彼氏とのやり取りに、LINE通話を取り入れることも、考えてもらいたいものです。

1日5分のLINE通話でも、関係は続けられる

1日5分程度のLINE通話でも、意外と色々なことを話せるものですよ。少なくとも、近況報告くらいは、1日5分程度のLINE通話で問題なく行えます。

彼氏が「いいよ!」と言ってくれるのなら、LINE通話でやり取りを続けてもいいでしょう。通話する時間を決めておくと、「掛けても出ない」という状況を減らすことができますよ。「毎日21時から通話をする」といった感じに、通話する時間を決めておくといいでしょう。

ただ、通話って、ダラダラと時間だけが過ぎてしまうこともあるんですよね。そのため、きちんとけじめをつけて通話を楽しむことが大切です。

スタンプは多用するな

スタンプは多用するな

よく、「LINEが面倒」と感じてしまうと、スタンプを使ってしまうものです。もちろん、スタンプを活用することは問題ありません。しかし、スタンプを多用することは避けなければいけません。

スタンプを多用されてしまうと、「LINEが面倒なのかな」と感づかれてしまうこともありますからね。つまり、「LINEが面倒」と感づかれてしまわないためにも、スタンプを多用すべきではないのです。面倒かもしれませんが、LINEのスタンプは適応適所で活用するようにしてくださいね。

まとめ

「LINEが面倒」と感じている女性に向けて、彼氏と関係をうまく続ける方法を紹介しました。おそらく、LINEが面倒な中でも彼氏と関係をうまく続ける方法を理解していただけたと思います。ぜひこの記事を参考にしてうまく彼氏との関係を維持できるようにしてくださいね。

テラ別府の笑顔アイコンこの記事を書いたライター
テラ別府