最低限のLINEで彼女との関係を維持する方法

最低限のLINEで彼女との関係を維持する方法

彼女との関係を維持するためには、LINEをしてゆかなければいけません。しかし、「LINEが面倒」と感じる男性もいることでしょう。この記事では、そんな「LINEが面倒」と感じる男性に向けて、最低限のLINEで彼女との関係を維持する方法を紹介いたします。

SPONSORED LINK

「返信が遅くなること」を彼女に伝えておく

「返信が遅くなること」を彼女に伝えておく

返信が遅くなることを彼女に察せられることなく、関係を維持したいと考える男性は多いものです。しかし、LINEが面倒でしたら、彼女に「返信が遅くなること」を伝えることが大切です。つまり、彼女には前もって、返信が遅くなることを知ってもらうということですね。

このように、前もって返信が遅くなることを知ってもらうことは関係を維持するためには重要なことですよ。

「返信が遅くなること」を伝えて後ろめたさをなくす

例えば、「返信が遅くなること」を彼女に伝えてない中で実際にLINEの返信が遅くなってしまったらどうでしょうか。おそらく「返信が遅くなってしまい申し訳ない」という後ろめたさを感じてしまうはずです。

一方で、「返信が遅くなること」をあらかじめ彼女に伝えた場合はどうでしょう。きっと「彼女に伝えてあるから、返信が遅くなってもいいや…」と気楽になれるのではないでしょうか。このように「返信が遅くなること」を彼女に伝えておけば、後ろめたさをなくすことができるのです。

どのような理由で「返信が遅くなること」を彼女に伝えるか

何の理由も付加えずに「返信が遅くなること」だけを彼女に伝えてはいけません。「返信が遅くなるから」とだけ彼女に言っても、「なぜ?」と彼女は納得をしませんからね。そのため、何かしらの理由を付加えて、「返信が遅くなること」を彼女に伝えることが大切です。

  • 「仕事が忙しいから返信が遅くなる」
  • 「スマホをあまり触らないから返信が遅くなる」

このように「やむを得ない理由」であれば、彼女は「返信が遅くなること」を納得するはずです。必ず「返信が遅くなること」を彼女に伝える際には理由を付加えるようにしてください。

申し訳ない態度で「返信が遅くなること」を伝える

例えば、「俺、仕事忙しいから… 返信は遅くなるよ…」なんて言われたら、彼女はどう思うでしょうか。おそらく「何様のつもり?」という具合に、彼女は嫌な気持ちになることでしょう。

「返信が遅くなること」を彼女に伝える場合は申し訳ない態度をとることが大切です。「仕事が忙しくて帰宅するのが遅いんだよね。だから、申し訳ないけど、返信が遅くなることもある… でも、なるべく返すように心がけるから!」という感じに伝えたら、どうでしょうか。これなら、「仕方ないな」と彼女は思ってくれるはずです。

このように、申し訳ない態度で「返信が遅くなること」を伝えることも大変重要なことですよ。

「早い返信」を強要されたら別れ時・・・?

「返信が遅くなること」を彼女に伝えた際に、反抗をされることもあるでしょう。「付き合ってるんだからLINEくらいすぐに返してよ」といった具合にです。

また、遅い返信を繰り返すに連れて、「やっぱもっと早く返信してよ…」と彼女に言われることがあるかもしれません。

このように、反抗をされた場合には、別れることも考えるべきなのではないでしょうか。そもそも「LINEが面倒」ということはあなたの性格です。そんなあなたの性格が尊重されないのなら、別れるのが賢明なのかもしれません。

「価値観が合わないのなら別れるべき」ということは恋愛の通説ですからね。やはり「早い返信」を強要されたら、別れを考えたほうがいいのかもしれません。

1日に1通はLINEを送る

1日に1通はLINEを送る

確かに、LINEの返信が面倒ですと「なるべくLINEをしたくない」と思うことでしょう。特に、疲れているときなんかは文章を考えることも億劫ですからね。

中には「1週間も2週間もLINEをせずとも、彼女との関係を維持できたら」と考える人もいるはずです。しかし、彼女との関係を維持したいのであれば、最低でも1日1通はLINEを送ることをオススメします。

少なくとも1日1通はLINEを送りたい

いくら面倒であるとしても、ずっとLINEを送らないわけにはいきません。仮に何日もLINEを送らなかったら、彼女側は「付き合っている」という実感を湧かせることはできません。これでは、別れにもつながってしまうかもしれませんよね。

少なくとも、1日1通はLINEを送ることをオススメします。また、彼女からメッセージが来たら、24時間以内には返信するようにしましょう。

彼女との関係を維持する最低限のこととして、「1日1通LINEを送る」ということを実現していってくださいね。

LINEの内容は何でもいい

「1日1通はLINEを送ることをオススメします」と先述いたしました。この1日1通送るLINEの内容はどのような内容のメッセージでも構いません。

  • 「おはよう」などの挨拶メッセージ
  • 「今日の仕事はどうだった?」などの近況を聞くメッセージ
  • 「今度の土曜日に美術館でも行かない?」といったお誘いメッセージ

などといった内容のLINEはどうでしょうか。LINEを通して、2人の関係を壊さないことが大切なわけです。そのため、LINEの内容について、無理にこだわる必要はないのです。

ただし、呆気ないLINEは避けよう

例えば、1日1通のLINEが「おやすみ」のみの文面だったらどうでしょうか。これではちょっと呆気ないですよね。そして、彼女側は白けてしまうことでしょう。

一方で、「今日は疲れたよね… でも明日も頑張ろう♪ おやすみ!」といった文面である場合はどうでしょう。このような文面であれば、呆気なくないため、白けることはないでしょう。確かにLINEが面倒ですと、文面も呆気なくしたいものです。

しかし、彼女との関係を維持したいのなら、呆気ない文面は避けてゆくようにしてください。

急用メッセージにはすぐに返信する

急用メッセージにはすぐに返信する

カップルである以上は急用メッセージが彼女から送られてくることがあります。このような、急用メッセージに対してはすぐに返信をすることが大切です。

つまり、たとえ面倒であるとしても、急用メッセージに対してはすぐに返信をしなければいけないのです。この「急用メッセージにはすぐに返信する」ということも彼女との関係を維持するためには重要なこととなってきます。

急用メッセージへの返信が遅いと、信頼度が低くなる

  • 「今からカフェに行かない?」
  • 「ごめん。今日の約束だけど30分遅れそう。」
  • 「体調が悪い… 手伝いに来てほしいんだけど…」

などがLINEの急用メッセージと言えるのではないでしょうか。そして、このような急用メッセージに対してはすぐに返信をしなければいけません。

例えば、「今からカフェに行かない?」といったLINEが彼女から来たとしましょう。それなのにもかかわらず、何時間も後に返信をしてしまったらどうでしょうか。返信が遅いわけですから、信頼度が低くなってしまいますよね。

このようなことを避けるためにも、急用メッセージが彼女から来た場合はすぐに返信をすべきなのです。

面倒でも急用メッセージはすぐに返信しよう

急用メッセージに対しては呆気ないような返信でも問題ない場面が多々あります。例えば、「今からカフェに行かない?」と、彼女からLINEが来たとしましょう。この場合は「いいよ! どこで待ち合わせる?」といった感じの返信で問題ないはずです。

このように、急用メッセージに対する返信はあまり面倒なことではないのです。だからこそ、「急用メッセージにはすぐに返信する」ということを肝に銘じておいてもらいたいものです。

「急用は通話して!」と言っておくのもあり

とはいえ、急用メッセージが来てもすぐに返信する自信がない人もいるかもしれません。この場合は「急用のときは通話をして!」と言っておくといいでしょう。

やはり、メッセージに比べて通話のほうが、効率がいいですからね。また、通話は話すだけですのでより面倒は軽減されます。

ただし、それでも急用メッセージが来た場合は、きちんとすぐに返信をしたいですね。例えば、彼女が電車に乗っている場合は通話をすることができません。仮に「待ち合わせに遅れる」ということを伝えたいとしても、彼女が電車に乗っている場合は、メッセージしか送ることができないのです。メッセージしか送ることができない場面もあるからこそ、「急用メッセージにはすぐに返信する」というスタンスは崩すべきではないでしょう。

通話を上手に活用する

通話を上手に活用する

LINEと言ったら、多くの人はメッセージのやり取りを思い浮かべることでしょう。しかし、LINEには通話機能があることを忘れてはいけません。

最低限のLINEで彼女との関係を維持するためにはこの通話機能を活用することも大切です。やはり、メッセージを送るよりも通話をしたほうが楽ですからね。上手に通話機能を活用することができれば、かなり楽に彼女との関係を維持することができるでしょう。

メールより電話のが効率がいいことを忘れるな

10年前を思い出してみてください。
おそらく、10年前は基本的にはメールでやり取りをしていたはずです。そして、すぐに連絡をとりたい場合には電話をしていたのではないでしょうか。

「気楽な連絡手段としてのメール」
「効率的な連絡手段としての電話」
といった感じにです。

しかし、現在はLINEのメッセージ機能しか使わないカップルが多いように感じます。確かに、LINEのメッセージ機能は気楽な連絡手段として最適です。ただ、「効率的に連絡をしたい」と考えた場合、通話に軍配が上がるのではないでしょうか。

LINEには通話機能が存在します。つまり、無料で彼女と通話をすることができるわけです。だからこそ、効率がいい連絡手段としてLINE通話の存在を忘れてもらいたくないのです。

通話メインのやり取りにしてもいい

彼氏彼女と共にストレスを感じないのなら、通話メインのやり取りを進めていってもいいでしょう。言うまでもなく、「LINEメッセージメインのやり取り」よりも「LINE通話メインのやり取り」のほうが面倒は軽減されます。

1日5分の通話のみで、関係を維持しているカップルなどたくさんいますからね。ただ、通話メインのやり取りにする場合は、「話題に困る状況」は作らないようにしたいですね。

通話の時間に話題に困って白けてしまったら、関係が悪化しかねませんからね。通話をする前に「何を話すのか?」を考えて話題に困らないようにしましょう。

彼女の性格を尊重する

彼女の性格を尊重する

最低限のLINEで彼女との関係を維持したい場合は、「彼女の性格を尊重する」ということも大切になってきます。ただ、「最低限のLINEで関係を維持すること」と「性格を尊重すること」は、関係ないような気がしますよね。

では、なぜ最低限のLINEで彼女との関係を維持するためには、彼女の性格を尊重することが大切になってくるのでしょうか。

彼女の性格を尊重すれば、LINEが遅くても許容されやすい

『「LINEが面倒」ということは、あなたの性格』と、先述いたしました。つまり、彼女があなたのLINEの遅さを許容している場合、「彼女はあなたの性格を尊重している」と考えることができるのです。

彼女はあなたの性格を尊重してくれているわけです。であるならば、あなたも彼女の性格を尊重してあげるべきでしょう。

そもそも、相手の性格を尊重することは、人間関係構築の基本中の基本ですからね。ただ、「LINEが面倒」というあなたの性格を尊重してもらっているからこそ、より彼女の性格を尊重してゆきたいものです。

なるべく彼女の性格を尊重してあげる

彼女の性格を尊重してあげられる場面は、たくさん存在するものですよ。

  • 食事は彼女の好きなところへ行く
  • ショッピングが長引いたとしても、嫌な顔をしない
  • 彼女の欠点を受け入れてあげる

なども、彼女の性格を尊重してあげることになるのではないでしょうか。もちろん、彼女の性格を全て尊重してあげることは無理な話です。また、彼女の性格を全て尊重しようとしたら「重い男」になりかねません。

しかし、「なるべく彼女の性格を尊重してあげること」はできるはずです。ぜひ、最低限のLINEで彼女との関係を維持するためにも、なるべく彼女の性格を尊重してあげるようにしてください。

まとめ

この記事では「最低限のLINEで彼女との関係を維持する方法」を紹介してゆきました。「LINEが面倒」という男性は多いことでしょう。ぜひ「LINEが面倒」という男性はこの記事を参考にしてみてください。

テラ別府の笑顔アイコンこの記事を書いたライター
テラ別府